Menu
急に秋めいてきましたねおもて順です
9月12日は、おいらのお勤めする身延山奥之院では、龍口法難会・奥之院大祭(りゅうこうほうなんえ・おくのいんたいさい)が行われました。
龍口法難(りゅうこうほうなん、または、たつのくちほうなん)とはおいら達の心のお師匠さま日蓮大聖人があわれたご法難の一つです。文永8年(1271)の大干ばつの年、鎌倉幕府は当時名僧として名高い律宗の僧、極楽寺良観に雨乞いの祈祷を依頼しました。この折、大聖人は良観に手紙を書き、それぞれの信仰をかけ対決を挑みます。良観は2週間に及ぶ雨乞いを行いましたが全く雨は降りません。続いて日蓮大聖人が祈るとたちまちに雨が降り出し、大聖人は対決に勝利したと伝えられています。この出来事に良観を始め諸宗の僧侶は逆恨みから幕府に訴えを起こしました。9月12日、数百人の兵が大聖人のお住いを急襲し、大聖人は幕府や諸宗を批判したとして幕府に捕らえられます。鎌倉の町中を引き回しをされた後、秘密裏に斬首刑にしてしまおうと龍口の刑場に引き出されたのです。9月13日丑の刻(午前2時頃)、兵士がまさに大聖人の首を切ろうと刀を振り上げた時、雷鳴がとどろき江ノ島の方角から光り輝くものが現れ、とたんに刀が3つに折れてしまいました。集まった兵士や民衆は恐れおののき、斬首は中止。こうして大聖人は難を免れたと伝えられています。
大聖人は「大難四ヵ度 、小難数知れず」と言われるように、波乱多きご生涯の中で生命を危ぶまれた大難が4回ございました。その中の1つがこの龍口法難です。おいら達の宗派や法華経お題目を信仰する団体では大聖人がご法難にあわれた日をご聖日(ごせいじつ)と定め、大聖人のご遺徳を讃え、報恩感謝のお経を捧げます
    
    飾り付けをする、ゆかいな仲間のヨッシーとコンスケ    記念法話・身延山久遠寺 吉村布教部長
おいらのお勤めする奥之院では龍口法難に合わせ、奥之院の大祭として毎年9月12日に多くの皆さんにお集まりを頂き、法要と記念の法話を行っています。また、皆さんのご健康や心願成就を祈念するよく効く特別祈祷も行われます。おかげさまで、今年も250人ほどの方に全国からお参りを頂きました。この場を借りて御礼申し上げます。毎年、お山に務めるお坊さんと職員、地元のお手伝い頂く有志の皆さんと何日も準備をしてこの行事に臨みます。本年も皆さんのご協力のもと無事に終える事ができました。でも、おいらは今年が任期最後の年なのでうれしいような、さみしいような
この行事が終わると、身延山も本格的な秋の始まりを迎えます今回はまじめなお話をさせて頂いたおもて順でした。
    
    よく効く特別祈祷の様子    受付担当のヨッシー&おもて順と有志のみなさん
※身延山は秋の紅葉もなかなか良いですよ。身延山は絶好のハイキングコース。初心者でも安心だから、お参りがてら来て下さいね
  • -
  • -