Menu
2日ほど梅雨とオサラバしてきたのだ。うら順だべさ
おいらは大学生時代、お坊さんの基本を身に付ける専門の寮で20人程の同級生とともに、修行生活を4年間送ったのだ。全国に仲間がいるけれど、今回は北海道のジュンヤンが入寺式をする事になり、ご招待を頂いたのだ。おいら達お坊さんは、これから住職としてお寺をお預かりする時に、大なり小なり入寺式(にゅうじしき)という式を行うのだ
ジュンヤンのお寺は北海道の南の方、伊達市(だてし)という街にあるのだ。聞く所によると北海道でも雪の少ない地域で、セカンドライフをここで送りたいという熟年の方々が集まる、アメリカのマイアミみたいな所なのだおいらは20日の午前9時の便で羽田を出発。10時40分には千歳空港に着いたのだ。しかし、早速ここでアクシデント発生。トイレが予想以上に混雑していて、乗らなければいけないはずの電車に乗り遅れてしまったのだしかも、次の電車は2時間後。開式は午後1時。「こりゃ、タクシーかレンタカーしかないなと思い、まずはタクシーの運転手さんに料金を聞いてみたのだ。すると「2、3万かかるんでないのとの事。ビビったおいらは、助けを求めるように一番近くのトヨタレンタカーのお姉さんの所へ行き、そのまま5250円でレンタカーを手配してもらったのだ。レンタカー店で手続きを済ませ、ナビをすぐさまセット。すると驚きの距離が・・・。ナビはおいらのあせる心を逆なでするように「目的地までおよそ105キロですと機械的な声で教えてくれたのだ。車はトヨタのパッソ。CMで「パッソプチプチプチトヨタと流れてるあれなのだ。幸いだったのはルートのほとんどが高速道路だった事。クマ注意の標識に「おぉ~はるばる来たね北海道。」と感動しつつアクセルを全開にしたのだ直線では気が付くとメーターは160キロをさしていたのだ。(おまわりさんゴメンナサイ)しばらくするとナビの到着予想時刻も12時40分になっていたので一安心。「さすがに北国のパッソはちがいますな。なまらいい仕事するんでないかいと油断していると、あと20キロ程の所で急に1車線になったのだ。しかも前にはノロノロ運転の車が。そこからは、やきもきしながらもどうにか伊達のレンタカー店に到着。お店から、お寺にも近かったので開式5分前にギリギリ本堂に入る事が出来たのだ。
式はお坊さんやお檀家さんを含め、300人位はいたみたい。お世話になった恩師や共に修行した同級生も参加して、厳粛なうちに行われたのだジュンヤンの挨拶は亡くなられた先代住職からお寺を引き継ぎ、これからお守りしていくという決意に満ち満ちた熱いものだったのだ学生時代に共にした修行の苦労を想い出し、先代が亡くなられてからこの日までのジュンヤンの忙しさを想うと、我が身を振り返ったりして感慨深いものがあったのだ。
クマ牧場2004・ヒグマVS愛妻  クマ牧場2004 (2)  左奥から若かりし頃のひーちゃん、ジュンヤン、マーくん、うら順
夜は近くの登別温泉で祝賀会となったのだここには以前にも愛妻と来たことがあるけれど、クマ牧場が近くにあってとても印象に残ってるのだ。今回は同級生の山梨のクマちゃんこと、ヒーちゃんが一緒に来ていたので、里帰りを勧めたけど時間がなくて行けなかったのだ。でも、代わりに札幌の白くまさんこと、同級生のシオジマンに会えたので満足だったのだ。ヒーちゃん、シオジマン、ともに学生時代からクマさん並の巨漢なのだおいら達の同級生は酒豪も多いのだ。今でもみんなすごいのだけれど、やはり道産子ジュンヤンやシオジマンは別格。学生時代に目の前で、本当に一升酒を空ける姿を見た時はカルチャーショックだったのだ
大学を卒業してからはや、15年。同級生は太ったり痩せたり、変わらなかったりと色々なのだ。でも、会話が子供の話や血糖値の話、生命保険の話や何かを建てたなんて内容が多くなって、みんな清く正しくオッサン化しているのだ。もちろん、おいらもだけどみんなで飲んで、アホな事を語っていると、「姿はオッサンだけど学生時代と変わってないなぁ。」と笑ってしまったのだ。年に数回しか会わないけれど、4年間同じ釜のメシを食べて修行する中で結ばれた絆は、年を経るごとに強くなっているようなのだ。
同級生たちはみんな大人になって、それぞれがんばってるのだ。だけどおいらは、ホテルの玄関でお出迎えの青鬼のオブジェに喜び、前にも紹介したサルちゃんこと、マーくんは帰りの飛行機が偶然ポケモンジェットだった事に狂喜乱舞していたのだ。山梨への帰り道の車中で、マーくんとおいらは「もっと大人になってがんばろうね。」と鮮やかな夕焼けを眺めながら誓い合ったのだ

登別温泉の青鬼にひれ伏すうら順  ポケモンジェットを前に興奮するマーくん  帰り道の夕焼け
※シオジマン曰く、北海道のナタは本州とは違うのだとか。取っ手部分が空洞になっていて、クマと出会ったら取っ手部分に棒なんかを挿して戦えるらしいぞ
  • -
  • -