Menu
あれれっという間に6月になってしまったのだ。でも、まだモモヒキをはいてるうら順なのだ
ダメいぬコロンは、毛が伸びてきて香りもまたワイルドになってきたのだこの前、山に植えたしだれ桜(桜のお話はこちらをクリック)の手入れの為、おいらが裏山に3時間程いたんだけどダメいぬコロンもおともで解放してあげたのだ。作業を終えて、ダメいぬコロンを呼ぶと、なぜか全身ビショビショ。風呂上がりみたいになってたのだ「コロン君よ、濡れるとどんどん香りがワイルドになっちゃうぞとおいらが言うと、ダメいぬコロンは「楽しいからいいのだかまわないでくれ給え。」と言いたげに体をブルルッとふるわせ、おいらに水滴を浴びせたのだ。
ダメいぬコロンは、お客さん達にもよくかわいがってもらってるのだ。犬好きのお客さんに喜んでもらおうと、たまにお客さん用玄関に放してるのだ。ちょうどその翌日は、団体さんのバスのドライバーさんとガイドさんが20名位、宿泊の予定だったのだ翌日、「ワイルドスメルコロンだけど、お客さんゴメンなさいね。」と思いつつコロン君を玄関に。しばらくして、ガイドさん達の「キャ~、かわいい~コロンて言うんだ。コロン、コロンという黄色い声が。ダメいぬコロンには名前と電話番号を書いた名札を付けてるから、名前が分かるのだ。様子を見に行くと、4~5人のガイドさんに触られまくりでコロン君はゴキゲンニタニタ犬と化していたのだおいらに似た訳じゃないけど、コロン君もオスのおっさん犬だから仕方ないのだ。おいらは、ダメいぬコロンを毎日見てるから分かるけど、間違いなくうれしそうな表情でしたな。
夕ご飯を終えると、ガイドさん達はまだコロン君と遊んでくれていたのだ。そこで、愛妻が「良ければお散歩に連れて行って頂いてもいいですよ。」というと、喜んで連れて行って下さるとの事。愛妻はリードとおでかけ用トイレセットを渡し「トイレの時はこれをコロンのおしりにあてて下さいね。」と使い方をお教えしたのだこうして、ダメいぬコロンは美人ガイドさん4人と、「ダメいぬコロンのお客さんとお散歩」初体験となったのだ。
散歩に出かけたものの、ちょっぴり心配なおいら。ダメいぬコロンは結構なバカぢからおふくろは最初の散歩で転ばされ、おいっこが連れてった時は身延山内引き回しの刑のようにひきずりまくられだったのだよそのワンコやバイクにも過敏に反応しちゃうし。トイレの時も結構な量だし。大丈夫かしらと愛妻と心配しながら、食事の後片付けをしていると30分ほどでお散歩から帰ってきたのだ。トイレの後始末もしっかりとして頂いて恐縮だったのだ。どうやら、コロン君もダメっぷりを発揮することもなかった様子。「コロン、楽しかったねぇ~と声をかけてもらい、満足げだったのだ。ガイドさん曰く、ダメいぬコロンはとっても良い子で言う事を聞いたみたい。「コロン帰るよ。」と言うと、クルリと向きを変えて帰り始めたりしたらしい。いつもと大違いなのだ。この外面の良さは愛妻に似たのか、おいらに似たのか「ダメいぬコロンのお客さんとお散歩」初体験が無事に終わって、おいらもほっとしたのだ。
ダメいぬコロンは、これからお参りのおともに、「お散歩レンタル犬」として新しい仕事が始まりそうなのだ。今度お泊り頂く皆さま、遠慮なくダメいぬコロンのお散歩レンタルをお申し付け下さいね

山帰り草まみれ犬 ダメいぬコロンのモッサリおしり 「ガイドさんまたよろしくね」byダメいぬコロン お散歩おねだり犬
※素敵なガイドさんの皆さま、お散歩ありがとうございました。懲りずにまたお願いしま~す。
  • -
  • -