Menu
連日4時半起きで、いよいよ頭に孫悟空の輪っかがはまった感じなのだ。うら順っす
『好戦的僧侶』
とはいってもケンカは嫌い。好きなのは戦いを観戦する事なのだちなみに、ダメいぬコロンと愛妻は結構、好戦的。以前、夜中にワンコのすさまじい鳴き声が聞こえたので、ただ事じゃないと思い庭へ出たのだ。するとそこには、ご近所の脱走侵入犬を上に乗ってフォールするダメいぬコロンの姿が。どこのワンコに会っても「かかってこいや。コラ~的な態度なのだ。ダメいぬコロンと愛妻も可愛がりと称してたまに戦ってるけど、なかなかいい勝負をするのだ愛妻曰く「コロンは喜んでいるんだよウリャウリャ~とダメいぬコロンをこねくりまわしているんだけど、おいらには嫌がっているようにしか見えないのだ
ちなみにココからはちょっぴりマニアック。おいらは小学生の頃はプロレスにハマったのだ。当時、おいらの住んでる所では、土曜日の夕方4時頃から新日本プロレスの試合を放送してたのだ。おいらは大好きだったペヤングソース焼きそばをすすりながら、プロレスを見るのが至福の時だったのだ長州力(ちょうしゅうりき・こりきじゃないよ)がマサ斉藤アニマル浜口とともに藤波辰巳達の善玉レスラーにケンカを売ったり、アントニオ猪木ハルク・ホーガンアンドレ・ザ・ジャイアントらと名勝負を繰り広げてたっけ初代タイガーマスク小林邦昭ダイナマイト・キッドなんかのジュニア・ヘビー級もおもしろかったなぁ。
ジャイアント馬場率いる全日本プロレスも、よく見てたのだ世界最強タッグトーナメントがあって、おいらはスタン・ハンセンブルーザー・ブロディを応援してたのだ。中でもおいらが好きだったのはブルーザー・ブロディ。もじゃもじゃ頭と入場の時に「オゥオゥッと吠えてチェーンを振り回しながら入場する姿は、まさにニックネームのキングコングさながらの迫力でも、残念ながら、その後42歳のまだこれからという時に、同じプロレスラーに刺されて亡くなってしまったのだ。ブロディは、まわりにふさふさした毛皮を巻き付けたようなブーツを履いてたのだ。おいらは、冷え症だから今朝も厚手のもっさりソックスを履いたのだけど、こいつを履く度にブロディの事を思い出すのだ
テレビの放送がない日は、梶原一騎原作の『プロレススーパースター列伝』という実在のレスラーの半生を描いた漫画をよく読んでたなぁちょうどその頃、近所のゆかいな仲間のけん坊のお寺に、アントニオ猪木や若かりし高田信彦がたまたま来たのだ。おいらもおじゃまして、サインをもらって握手したけど幼心に興奮を覚えたのだ
今でも、ボクシングやK1総合格闘技はよく見るのだ。ガチンコの真剣勝負も熱いけれど、おっさんとなった今では、ショー的要素のあったプロレスもそれはそれの良さが分かるようになったのだ。先日、やっと見たかった『レスラー』という映画を見たのだ。主演はミッキー・ローク。華やかなレスラーの生活と裏の実際の姿。私生活の様子もミッキー・ロークの人生に重なるようで、評判通りの甘く切ない男の哀愁漂うおもしろい映画だったのだ。プロレス好きには特におススメ。
先代住職の親父が亡くなって、しばらく眠れない位忙しい日々があったけど、そんな時はアントニオ猪木のテーマを聞いて自分を奮い立たせたりしたのだ。今でもモチベーションを上げる時は聞いてるよ
つらい事も多い毎日だけど、格闘家のようなファイト魂と「元気があれば何でもできるのアントニオ猪木の言葉を思い出して、何とか乗り切ってま~す

ブルーザー・ブロディ&スタン・ハンセン   『レスラー』のミッキー・ローク   『プロレススーパースター列伝』  愛妻にヘッドロックを決められるダメいぬコロン
力道山のお墓は東京の日蓮宗大本山・池上本門寺にあるよ。極真空手大山倍達(おおやまますたつ)は日蓮宗大本山・清澄寺がある千葉県の清澄山で山籠りで修行をしたのだ。格闘技界と日蓮宗は結構、ご縁があるのだ。
  • -
  • -