Menu
行事やら台風の被害やらお彼岸など目まぐるしく雑務をこなしていると、2か月何てあっという間。隔月ブログ年6回更新なんて事になってはいけませんなと思いつつも、なかなかパソコンに向かえない超多忙なうら順なのだ
7月に隣町の南部町に道の駅が出来たのだ。その名も『道の駅 なんぶ』。シンプルイズベストそのままなのだ。現在、我が郷土甲州では、日本海と太平洋を結ぶ中部横断自動車道を建設中。この道の駅はそのインターチェンジに隣接する施設なのだ。あと1、2年で開通する予定なので、その前にオープンしたみたい。どっちでも良いけれど、ゆかいな仲間のプリーストタイガーくんのお寺も道の駅から見えるのだ
     道の駅 なんぶ外観  食堂 内観  飲み放題 なんぶ茶
さて、とある情報筋から道の駅のラーメンが道の駅らしからぬいい仕事っぷりをしているとの噂を耳にしたおいら。お仕事のついでにようやく立ち寄れる時間が出来たので、チェックしてきたのだ。さすがに出来たてだけあってどこもかしこもきれいなつくり南部町は茶どころでも有名なのでお茶関係の食品がたくさん売っていたのだ。地元の新鮮野菜や県産フルーツもあったりと充実した品ぞろえ。すっかり油断して買い物モードに入りそうっだったけれど、お目当ての場所へ。道の駅の食事処は『南部よろこび茶食堂』と名が付いていたのだ。早速メニューを見るとお目当てのものを発見。ラーメンは2種類で焼津鮪節ラーメンとチャーシュー麺。おいらは体がお肉を欲していたのでチャーシュー麺を注文念のためにおばちゃんにチャーシュー麺も鮪節かを確認したのだ。すると「おんなじスープだから、安心しろし」とお返事が。そう、このラーメンの売りはなぜか茶どころ南部でマグロだしであるという事。しかも、ラー友からの話だとこれがなかなかのものだったとの事。おいらもマグロダシのラーメンはまだ食べた事がなかったので秘かに楽しみにしていたのだ。飲み放題の南部冷茶を頂きながらしばし待つと、呼び出しブザーが。慌てて我が席に運び、初対面となったのだ。
     チャーシュー麺(焼津マグロ節)  チャーシュー麺アップ1  麺は細麺
「おお~これぞまさしくマグロの香りとまでは分からないけれど、良い魚介系の香りが食欲をそそるのだ。麺の上には薄めにカットのチャーシューと、これまた南部名産のタケノコで作ったメンマ、そしてネギが乗っていたのだ。マグロの魚粉ぽいものも少しかかっていたっけ。まずはスープを頂くと、かすかに動物系も感じるけれどマグロが強めの優しい味わい。これは確かに道の駅にしては侮れないレベル。続いて麺を拝見。麺はストレートの細麺で、ちょっと柔らかめな湯で加減。個人的には太麺が好きだけれど、この優しい系のスープには細麺が繊細で確かに合うかもチャーシューも薄切りだけど、麺もチャーシューも控えめな印象でスープを引き立てている感じ。南部産タケノコメンマも個性的でおいしかったのだ。全体的に上品によ~くまとまっているのだ。優しくもしっかりとしたスープの味わいに、日本のおくゆかしくも頼れるお母さん的な印象を受けたのだスープもほぼ頂いて完食。満足の一品だったのだ。他のメニューもおいしそうなものがいっぱい。食事処が少ない田舎では頼れる存在が現れてくれたのだ。
皆さんもぜひ、身延山ご参拝の行き帰りに寄って頂きたいのだ。良かったらプリーストタイガーくんのお寺にもご参拝を。英語を始めマルチリンガルだから世界中の皆さんも大歓迎、ウエルカムなのだ
        メニュー1     デザートメニュー
>
『南部よろこび茶食堂』
〒409-2211
山梨県南巨摩郡南部町中野3034番地1
道の駅なんぶ内
営業時間・定休日はご確認下さい
URL : http://www.michinoeki-nanbu.com
TEL : 0556-64-8552


※甲州人は超マグロ好きお寿司屋さんで山梨県民と分かると、「マグロを出しとけば良いよ」と裏で板前さんが言っているとか
  • -
  • -