Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
おいらの宿坊、お勤め中の七面山の宿坊もただいま繁忙期の真っ最中ブログも相変わらず更新できず、あと体が3つ位欲しいおもて順です
先日、おいらがお勤めのお山に出かけようとした朝の事。3歳のジュニアくんがいつものように「とーちゃん、今度はいつ帰ってくるのとやや寂し気に聞いてきました。「今度は4つ寝たら帰ってくるよ」といつものように答えたおいら。するとジュニアくんはいつもと違ってこんな事を言い出しました。「とーちゃん、つるっぱげにしてきて思いがけないリクエストに吹き出したおいら。保育園に出かける前にぐずられても困るので、おいらは「うん、分かったよ。つるっぱげにしてくるよ」と答えて家を出たのでした。
日頃、時間がある時は行きつけの床屋さんに行くおいらでも忙しい時には、我が家やお山で自分でバリカンを使い頭を丸めます。一番短く出来て1、2ミリといった長さ。これだと見た目は何となくまだ髪があるように見えます。でも剃髪、かみそりで頭を剃るとその差は歴然。2、3日ですぐ伸びますが、剃ったばかりだとそのまんま地肌といった具合。そう、ジュニアくんが言うつるっぱげの状態になります本来、ほとけさまのみ教えでは、剃髪が基本。ただ宗派によって違いがあるのでお坊さんの髪の毛事情も色々です。おいらの宗派では絶対剃髪という訳ではないので、おいらは日頃はバリカンで1番短い長さでカットしています。
これまでバリカンでセルフカットはいつもしていましたが、自分で剃髪をした事はまだ1度もありません。しかーし、かわいい我が息子との約束を破ったら、ジュニアくんはどれだけ心を痛めるだろうか。三つ子の魂百までで、とーちゃんが約束を守らなかった事がトラウマになり、この先グレて人の道を外れてしまうような事になりはしまいかなどと心配になり、おいらはセルフ剃髪の決心をしたのでした「誰かにやってもらえばいいじゃん」という方もおられるかと思いますが、それには訳が。髪は長~い友達ですが、いずれ仲違いする日が。そう、お悩みの方がたくさんおられる深刻な問題です。おいらのゆかいな仲間にも若くして髪の悩みを抱えてしまった人がたくさんいます。そういった仲間達はほとんどがお風呂に入ると、慣れた手つきでヒゲを剃るように髪の毛を普通に剃っていますこれはお坊さんの特権。万が一はげてきてしまっても、最後は剃髪という最終の技が残っています。一般の方はかなり抵抗がありますが、そこはお坊さん。堂々と剃髪が通じる世界です。おいらもやがて来るその時に備え、今からセルフ剃髪が出来るよう準備をしとこうかと思ってはいたのでしたゆかいな仲間の剃髪先輩にアドバイスをもらい、早速セルフ剃髪に挑んだおいら。まずはバリカンでいつもの長さにカット。そしていよいよ初セルフ剃髪に。ほんとはアドバイス通りにカミソリ負け防止のワイヤーが着いたカミソリが良かったけれど、無かったのでキレッキレの5枚刃マイT字カミソリを使用。髭剃り用のローションをたっぷりと頭につけ恐る恐るカミソリを頭皮にあてたのでした。「最初は血だらけになりますよなどと散々脅かされたけれど、いざやってみると意外と面白いように剃れます。切れないようにゆっくりと行い、何とか剃り終える事ができました。しかもどこも切れていません。後で鏡でチェックすると生え際にちょこっと剃り残しがあったけれど初めてにしては上手く出来たと思います。ゆかいな仲間も、初めてにしてはかなり上出来とほめてくれましたきっとこれでジュニアくんも喜んでくれるだろうと、男の約束を果たしたおいらはホッとしたのでした。
さて、我が家に戻り、とーちゃんのつるっぱげで喜んでもらおうとジュニアくんのお迎えに保育園に向かったおいら。おいらの姿を見つけ走って教室から出てきたジュニアくんいざ喜びの対面と思いきや、ジュニアくんの第一声は「とーちゃん、何でつるっぱげなのでありました

マイT字カミソリ  初セルフ剃髪完了とーちゃん  つるっぱげよりぶたさんが気になるジュニアくん  
※思ったより簡単だったセルフ剃髪。白髪も目立ってきたし剃髪生活を送ろっかな
  • -
  • -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。