Menu
もういい訳はしないのだ。やっぱり、おいらにはイクメン僧侶と真面目なおもて順、そしてブログの更新はうまく両立出来ないのだ。なので、簡単にツイッター的な数行ブログか、更新頻度を少なくするしかなさそうなのだ。まあ、開きなおってともかく長く続けていこうとは思っているうら順なのだ最初に自分の中で決めた事もあり、何とか10年は続けてみたいと思っているのだ。ん?大丈夫かしら・・・。
唐突ですがおいらは今日、大英帝国の女王陛下より、ナイトの称号に次ぐ手洗いマイスターの位を授かったのだ。すいません、イギリスとは何の関係もありません手洗いマイスターは本当。「なんじゃそりゃと日本の97パーセントの人が思っているかもしれないけれど、そういう資格があるのだ。これは今、日本の国家資格の中でも最難関であり、世界に通用する資格として若者に大人気なのだ。すいません、また冗談です。何かおいらもよく知らないけれど、そんなものがあるのだ。
おいらはこう見えても、調理師免許を持っていたりするのですな。そんな事もあり、同じく宿坊の住職であるゆかいな仲間のコーチーくんと一緒に、地域の食品衛生協会という組織で役をおおせつかっているのだ。これホントちょっと前に、いつもの定期会合で手洗いマイスターの講習会に参加要請がある話が出て、おいらが行く事になったのだ。おいしいビールを頂いて気持ちよくなっていたおいらは、手洗いマイスターをブラウマイスターというビールの名前と聞き違え、「なんすかそれ、うまっそうっすねと、思わず出席を志願してしまったのだ。
本日2月9日が講習会の日。おいらは甲府市にほど近い会場に1人で行って来たのだ。予定ではなんと3時間半ほど。講習やDVD鑑賞、実技、試験となかなか本格的なのだ行ってみるとけっこうな大人数。話では60人以上来ていたみたい。ちょこっとなめてかかっていたのだ。見てみると参加者はほぼ全ておじいちゃんに近いおじ様方。女性は2人しかいなかったのだ。多分、おいらが最年少。恐らくみなさん、飲食店の経営者で、ホテルや旅館、企業のそういう部門の偉い方もいたんだろうなぁ。講義が始まると、皆さん意外と真面目にお話を聞いていたのだ。手洗いの説明では皆さん、講師の真似をして自席で手をこすったりして、皆さん真剣だったのだ。笑っちゃいけないけど、渋い熟年オジサマ方のそうしたお姿は、何だかお茶目に見えて笑ってしまったのだ後ろには職員の美人の若いお姉さん方がいたけれど、きっと笑っちゃってたんだろうなぁ。見ているとオジサマ方もそうしたお姉さん方とのふれあいを楽しんでいるようなので微笑ましかったのだ。
   講義の様子    手洗い実技チェック
講義の後は手洗いの実技とチェック。各自、手に模擬の汚れを付けて手洗い。そしてちゃんと洗えているか、機械の下に手をかざし、お姉さん方にチェックしてもらったのだそしていよいよテストのお時間。マルバツ形式の試験は少ないながらも、意外とひねりが。厳格なテストではないから、周りのおじさん方はお仲間で相談しながら回答を書いていたのだ。テストは全員早く終わり、解説と結果発表が。今回は見事全員が基準をクリアし合格だったのだこうしておいらも、ダンディーな甲州オジサマとともに、手洗いマイスターのお仲間入りをさせて頂いたのだ。
あらあら、マイスターがこんなに一気に増えちゃった。と思ったけれど、この制度は資格云々よりは食中毒をさらに予防する為の啓蒙活動の一端でもあるんだろうと思うのだ。皆さんも聞いた事があるノロウイルスは感染力は超強力なんと食中毒のほとんどがノロによるもの。ノロはアルコールなどにも耐性が強く、しっかりした手洗いで洗い流すしか予防の方法はないのだ。言い方は不適切かもしれないけど、感染力から見ると、もしも適切な方法をとっても事故が起こってしまったらこれはもはや仕方のないレベルなのかも。でも、その確率を減らす為にも、手洗いはかなり重要らしいのだ。細かく言うとやり方はあるけれど、ともかく手首から手の全面、指先から爪や甘皮の間、隅々まで洗いまくるのだ。そして、拭くのは使いきりのペーパータオル。出来れば使うのはお湯で、センサー式の蛇口がベスト。こんな事を言って、おいらの宿坊はどうなんだと言われると改善点があるのも事実。けれど、ともかく安全に皆さんに食事を提供する事をあらためて認識したひと時だったのだ何だか手洗いというと初歩の初歩みたいな感じ。でも、どんな世界でも、最初の基本が1番大事なんだろうなぁ。やっぱり、何事も基本をしっかりと押さえる事が大切なようなのだ
今度おいらにあった方、「よっ、マイスター」と声をかけて下さいね。さてさて、次は何の資格にチャレンジしようかと悩んでいるうら順なのだ

     認定証の授与     認定証とバッジ
※おいらも過去に1度だけ食中毒になった事が。あれは辛かったなぁ。とても詳細は書けません
  • -
  • -