Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
あのサウナのような日々は夢だったのかしら「もう今日から猛暑終わり。ハイ」と、宣言されたみたいに涼しくなりましたね。涼しくなるのに比例して、元気が戻ってきたおもて順です
ハウスメーカーのCMでこんな曲が流れてましたね「家をつくるなら~家をつくるなら~って歌。なぜこの歌を思い出したかというと、この度おいらは総工費十数億円をかけ、新居を建築する事になりました・・・と、いつかは言ってみたいものだけど、そうではありません。ゴメンナサイおいら達お坊さんが「家をつくるなら~」のフレーズで、次に思う事と言えば、地鎮式(じちんしき)であります。
おいらは先日、とある一軒のお宅の地鎮式を手がけてきました。若い方々はあまり知らないかもしれないけど、新しく家や建物を建てる時に行う行事です。地鎮祭とも言って、神社の神主さんがされてるシーンを思い出す方が多いかもこれは建築工事に取り掛かる前に、その土地の神さまなどにご報告とお許しを頂いて、無事に工事が終わるようお祈りを捧げるとっても大事な行事。「でも、うちは建売だったから、買ってすぐ住んじゃったけど」とか「うちはマンションやねん。地鎮祭って何やねんという人もいると思います。でも大丈夫。多分、業者さんが工事の前に地鎮祭をされていると思います。多分・・・。新築なのに住んで以来、不吉な事ばかり続くとか、幽霊が出るなんて方は一度業者さんに地鎮式をしているか確認してみた方が良いかも知れませんね
地鎮式も結婚式やお葬式と同じように、神式や仏式があるんです。おいらは知らないけれど、キリスト教なんかでもあるのかしらでも、圧倒的に多いのはどうやら神式みたい。大手の業者さんやゼネコン関係の方にもお話をお聞きした事があるけれど、決まった神主さんにお願いする事が多いようですね。でも、お寺の信徒さんやお檀家さんで分かってる方は、お寺にお願いする方もけっこう居られます。特においら達が所属する日蓮宗では昔から祈祷が盛んな為、独自の祈祷のやり方による地鎮式が今なお全国で行われていますおいら自身も大規模な地鎮祭やら一般のご家庭の地鎮式をさせて頂いたり、また他県でお手伝いをさせて頂いてきました。そうした経験の中でよく耳にしたのは、おいらの宗派の地鎮式はかなり丁寧であるらしいとの事。特に初めて目にされた業者関係の方などにはよく言われますおいら自身、他の宗教の地鎮式を目にする機会はほとんどないので何とも言えませんが、しょっちゅう地鎮式を経験される方々がおっしゃるので、恐らくそうなのではないだろうかと思います。
確かに地鎮式を行う際は、式以前に準備の段階からかなりの時間を費やします日時や土地を見たり、式で使う多くの準備品をそろえたり、する事が色々あります。式当日には独自の飾り付けを行い、準備品を供えようやく本番に。本番では地鎮式の祈祷の他にも土地やご先祖様の霊にご供養も行ったりします。なので、お坊さんによってはかなりの長いお経になる場合も式中には新築される施主さんや業者の方にもお手伝い頂いて、特別な祈祷法を行います。詳しくは秘密なので言えませんけどこうして式が終わると1時間から2時間過ぎています。工事の規模にもよりますが、おいらは半日近くかかった事もありました。それでも、会社関係ならば何度かあるにせよ、一般のご家庭では家の新築は1回あるかどうかがほとんどだと思いますそのお施主さん、ご家族にとっては、生涯1度の大イベント。ですからおいら達、地鎮式をお願いされる方も責任重大です。新築を機に、ますますご家庭や会社が末永く栄えていって頂かなくてはなりません。ですので毎回、地鎮式を終え、新築も無事に済み、さらにご家庭や会社が円満に過ごされているご様子を見聞きすると、とりあえずホッとします
今回担当させて頂いたのは、歴史と由緒あるお宅。その家運なのか、巨大台風のさなか、ちょうどその日のその時間だけ、雨もなく薄曇で涼しい、最高のタイミングで式を行う事ができました。長い歴史の一端をつむがせて頂く大役に、かなり気合のこもった地鎮式となりました

   今回の地鎮式の場所   秘密のよく効く祈祷法具
 ※地鎮式はやっぱり大事。新たに物事に取り掛かるのに、色んな方にご挨拶するのは人の世も、ほとけさま神さまの世界も同じ人にも神仏にも礼節を忘れてはいけないようです
  • -
  • -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。