Menu
もうダメなのだ。おいらは寒さは強いけど、暑いのは超苦手。季節が反対のオーストラリア辺りに逃げ出したいのだ熱中症寸前のうら順なのだ
今回はもう、おつむも蒸発寸前なのでずるっこをして、カテゴリはグルメだけど、お知らせ兼グルメ紹介なのだ。「夏になあ~れば思い出す。はるかなビア、白い泡あっ、ちょこっとちがうかな暑いのは嫌だけど、暑いと比例しておいしくなるものが。そう、鍋焼きうどんですね。「アホか。余計暑いやろ。バシっすいません。気温30度の室内で更新中なので、もうくだらない1人突っ込み位しか出来ないのだ。そう、おいしくなるのは鍋焼きうどんではなく、命の水、我らがビールですねおいらが超ビール党である事はもう、お伝えの通り。なので、お中元や日頃の頂き物もそんなおいらの為に、おビールが多くてありがたい限りなのだ。
さて、そんなおいらを始め、全国のビール党300万人の皆さんが心躍らせるイベントと言えば。そう、ビアフェストなのだ本場ドイツのビール祭り、オクトーバーフェストは世界的に有名。近年では日本でも、真似っこをして全国で、いろんなビアフェストが行われるようになったのだ。実は我が郷土、甲斐の国でも昨日からうれし楽しいビアフェストが開催中。その名も『地ビールフェスト甲府2015』かの有名な武田信玄公と言えば、戦いの心構えを説いた「風林火山」が有名。「はやきこと風の如ごとく、しずかなること林の如く、侵掠しんりゃくすること火の如く、動かざること山の如しの略ですね。実はこれには続きが。「滋味豊かなること、かぼちゃのほうとうの如く、消え去る事、麦酒の泡の如し」この格言に基づいて、ビールを愛した甲斐の武将、信玄公にあやかり、甲府のビアフェストが開催されるようになったのだ。いやいや長くなりましたが、冗談なのだ。暑いのでご勘弁を。
詳しくは公式サイトを見てほしいのだけど、そもそも東日本で最初にビールが作られたのは甲府なんだって。おいらは知らなかったのだ。今でもその歴史をつむぐように、山梨にはおいしい地ビールを生産する会社がいくつかあるのだどうやら今回は県内外の地ビール会社8社ほどが参加しているよう。おいらは半分以上が飲んだ事がある銘柄なのだ。おつまみフードも、地元名物の鳥もつをはじめ、地元の飲食店提供のメニューが超充実してるみたい。こちらもかなり期待できそう。実はおいらはまだこのビアフェストに参加した事がないのだ。色んな方にお誘いを受けるけれど、繁忙期ということもあっていつもダメしか~し、何と今年はついに行けるかも。他の用事があってお出かけするのだけど、ついでに立ち寄れそう。でも暑そうだなぁ。暑いけど行きたい。行きたいけど、絶対暑いでも、行っちゃうんだろうなぁ。
期間は8月2日まで。場所は甲府駅北口、よっちゃばれ広場。この夏、期間中に山梨に起こしの方は、ぜひ足を運んでみてはいかが。山梨の地ビールもなかなかのものなのだ「さぁ、たくさん飲めし、飲めしあ~、そうだおいらのビールの師匠、マスタービアこと、ビール男さまにもご報告せねば。マスタービアお元気ですか

   yjimage.jpg   ビール男ことマスタービアと再会
※浴衣、着物、学生、女性には割引があるらしいですぞ。オッサンにも割引してくれ~
  • -
  • -