Menu
どーも、いかん。いかんとです。キーボードの前に向かおうとすると、いろんな雑務がやってくるとです。この所、更新させない妖怪にでもとりつかれてしまったみたいな、うら順なのだ
宿坊やらお寺やら、愛娘モンちゃんジュニアくんの子育てやらで相変わらず忙しくしているおいらと愛妻。近頃はゆっくりとお買い物に行く時間なんかも、めっきり減ってしまったのだ。おいらはそんなにお買い物はしないけど、やはり愛妻は女性だけに、色々と季節ごとに買いたいはず。何でもある実家のお江戸と、大自然だけはたっぷりある身延のお山では正反対の環境。だまして連れて来たおいらとしては申し訳ない気持ちでいっぱいなのだそれでも、さすがはたくましき愛妻。カタログやらネットを駆使しては、通販という裏技で楽しんでいるみたい。今まではほとんど通販で私服を買うなんてした事の無かったおいら。それでも、愛妻に刺激されてコンビニで通販の雑誌を買い、こっそり服1着とクツを2足頼んでみたのだ
わくわくしながら待っていると3日ほどで商品が届いたのだ。「いやいやなかなか便利じゃないかと喜びながら、早速試着してみたのだ。服は夏用のオン、オフ兼用の半袖シャツ。カタログ通りかっこいいのだ。続いてはクツ。箱を開けると、ちょっと嫌な予感が・・・。いざはいてみると、見た目通り、やはりちょっとでかい。続いて2足目。こちらもはくと、何とまたまたちょっとでかいじゃありませんかカタログでは24.5センチが最小。おいらはこれまで24・5を買っていたので、すっかり安心していたのだ。久々の敗北感。これまでも、気に入ったクツがあっても25センチからなんて事が多く、泣く泣くあきらめた事が何度もあったのだ。残念ながら今回も返品したのだ。
クツだけじゃなくて、おいらは服もこれまで同じようにサイズに泣かされてきたのだ。気に入った物があってもMからとか。おいらはSでちょうどいいのだ。海外のメーカーだと、そう皆さんもご存知の通りサイズが大きめですね。MだとLLだとLLといった具合。なのでおいらは、海外のものだとXSじゃないとフィットしないのだ。「ウラジュン、ソンナサイズ、ア~リマセンネ~コドモヨウナラアイマスネ~」と言われてもおかしくないのだ。なので、おいらは学生時代から秘かに女性ものの服も着たりしているのだ。勘違いしないように。女装とかそういった趣味ではないのであしからず。すると、くやしいけれどジャストフィットなのだ。これがまた。細身のパンツ(下着じゃないよ。ズボンです)やクツ、全ていい感じで身に付けられたのだ当時、おりしも「ユニセックス」なんて言葉を聞き始めた頃。男女兼用とかどっちでもいいじゃんとかそんな意味ですね。なので、そんな売り場もちらほら見え始めたのだ。
愛妻と結婚してからはますます便利に。おいらは愛妻の服やクツもサイズが合ってしまうので、たまに拝借しているのだ。特にクツは便利。おいらの小足でもすんなり入るので、もう自分のクツはこれから買わなくていいんじゃないかしらと思う位。ローファーや、モカシン風な物は勝手に兼用しちゃってるのだおいらの足はもしかしておいらが思ってるより、もっと小さいのかも。23センチでもきつめながら、はけちゃうしなぁ。洋服もまたそうなのだ。上着類はデザイン的に兼用できるものは、着れちゃうし急においらのコーディネイトの幅が広がったのだ。パンツ(しつこいけどズボンですね)もはけちゃうので、こっそりはいてしまってるのだ。愛妻には女兄弟がいるけれど、きつくなったパンツをおいらがもらったりした事も。大助かりなのだ。
大学生の頃はクマのような体格のお友達がいて、1度彼のお買い物に付き合ったっけ彼は大きいサイズの専門店やデパートのビッグサイズコーナーしか行かなかったので、無縁なおいらには新鮮な体験になったのだ。周りに大きい人しかいなかったので、おいらは父ちゃんにくっついてきた子供みたいだったのだ。その頃も思ったけど、ビッグサイズ専門があるなら、小サイズ専門のお店もあったらたすかるのになぁって事。日本だとまだまだ小柄な男性が多いはず。小柄な男性の方が劣等感が強いから、反動で出世する割合が高いとか。小サイズ専門店があったら、裕福な小柄男性が押し寄せて、意外と繁盛するかもしれませんよもしかして、もうあったりして。
ちなみにおいら達お坊さんが日頃着る法衣(ほうえ)、着物にももちろんサイズがあるのだ。一般の人には分かりにくいけど、おいら達お坊さん同士で姿を見れば、サイズが合ってるかいないかすぐに分かってしまうのだ。法衣は何代も着られるもの。なので、先代が亡くなったりすると、使っていたものをまた着たり出来るのだ。これは一般の着物なんかも同じですねだから、亡き先代住職と体格が似ていればいいけれど、違いすぎると残念な事に。誰かにもらって頂いたりしなければならないのだ。おいらの場合は、亡くなった親父はおいらに輪をかけて超小柄。なので、おいらが着ても明らかに小さいものばかり。それでも、もったいないので着てしまってるけどね。周りのお坊さんには「うら順さん、いつもつんつるてんの衣ばかり着てるなぁ。変なのなんて言われてるかも。
かわいい息子のジュニアくんには180センチ位の長身、イケメンになってほしいのだ。でも、完全においらの法衣は着れなくなっちゃうけれど。ちょっと寂しいけど、我が子のたくましい成長を願う、うら順なのだ

ただ今、ホントに小サイズのジュニアくん おいらが返品したクツ・涙 大人になっても小サイズの父ちゃんうら順
※大は小を兼ねる小は大を兼ねる果たして真実はどっちなのだ
  • -
  • -