Menu
お彼岸の疲れと暖かな陽気で、頭が少々とろけ気味なうら順でゴザ~ル
疲れた体にはウナ~ギであ~る。今夜は、身延山の中にあるウナギが名物のお店、『割烹 玉川楼』(かっぽう たまがわろう)さんで会議があるので、せっかくだから皆さんにもご紹介するのだ
創業90年を数える玉川楼さんは4代続く老舗。創業以来、継ぎ足して使われている秘伝のウナギのタレは、身延山にこだまするありがた~いお経の功徳も溶け込んで絶妙な味わいをかもし出しているのだおいらも詳しくないけれど、どちらかと言えば関西風なのかな?パリリッ、サクッじゅわわっと言った食感クリスピーうな重なのだ。ウナギは裏のいけすにいるものをさばくから、いつも新鮮ピチピチ。 (ごめんね。ウナギさん・・・)
『割烹 玉川楼』 名物 うな重 玉川楼 お品書き 鯉の洗い
おいらもそうだけど、きっと多くの身延っ子は玉川楼さんのウナギで、うな重初体験をしているに違いない。身延山には、昔から全国の僧侶を志す学生さんが修行に来るのだけど、たま~にだけ口に出来た玉川楼さんのウナギの味が何十年も忘れられず、今も身延山に来ると、足を運ぶ方も多いとか他県で玉川楼さんの話をすると、目を細めてうっとりしてしまう方もいましたぞ
他にも鯉の洗いや、カツ丼、天丼等、一品や丼ぶりものも多数あり。中でも人気は、から揚げとギョウザビールのお供に最高なのだ「もう、何であなた達そんなに相性がいいの?ウフフッ」と、嫉妬してしまう位合いますぞ。江戸っ子の愛妻もノックアウトされた、パンチのある味わいなのだ
身延山、七面山に登ったら、疲れた体にぜひウナギで栄養補給を。うな重が出来上がるまでは、ポリポリウナギボーンやギョウザをつまんで、じっと我慢して待つのだお山の中のウナギの名店。なかなか、あなどれませぬぞ

少々酔っ払って、愛妻に久しぶりで怒られて、へこんだうら順でした
鳥のから揚げ ギョウザ・専用タレ・コップビア ポリポリウナギボーン  ウナギよりジャーキー犬
割烹 玉川楼
山梨県南巨摩郡身延町身延3800
身延山バス停から下にくだってすぐ
☎0556-62-0026
予約人数 50名様まで
営業時間 AM11時~PM7時位
定休日  年中無休(不定休?) 



大きな地図で見る
  • -
  • -