Menu
「にゃいーん分かる方には分かりますね。毎日、愛娘モンちゃんの育児に追われ、妖怪ウォッチやらアンパンマンをすでに1000回は見たかも。相変わらず、目まぐるしく慌しい日々を送っているおもて順です
お待ちどうさまでした。皆様にうれしいご報告を。これまでも我が家では新しい命を授かった為、ブログが半ば休止状態になる事をお伝えしていました。ですが今月22日、待ちに待った第2子の誕生を迎える事が出来ました「それで、性別はどっちなんや」と気になる方もおられると思いますが、今回は題名通り男の子でありました。ジュニアであります元気で産まれてくれればそれで十分なのですが、長女に続き長男を授かりありがたくて感謝で胸が一杯です。
今回は思いがけず、愛妻は出産までの残り3ヶ月をほぼ入院生活で過ごしました。本人はもちろん、モンちゃんや家族もそれぞれにがんばりこの日を迎える事が出来たので、感激も一塩。愛妻がいない間には、ご近所さんや愛妻のママ友さん、色んな方にお手伝いや励ましを頂き何とか無事に出産の日までがんばる事が出来ました。この場をお借りして、皆様に厚く厚くお礼を申し上げます。ありがとうございました
22日は早めに病院に行き、その時を待ちました。モンちゃんの時はへその緒を切るつもりでいましたが、タイミングが合わず、お仕事の都合で出産に立ち会えなかったおいら。今回はへその緒は切らないまでも、その場で待つ事が出来ました。愛妻を見送ってから1時間半ほどした頃、ウトウトしていたおいらは看護師さんの声で目を覚ましました。「おめでとうございます。赤ちゃんもお母さんもお元気ですよ。どうぞ、赤ちゃんはもうご覧になれますよ」おいらは慌てて看護師さんの後に付いて行くと、そこには産まれたての赤ちゃんが保育器の中でもぞもぞと動いていましたガラス越しに我が息子と初対面したおいらは、もうダメ。涙をこらえるので必死です。うれしくて顔がゆるみっぱなしなのに、涙が洪水状態。でも周りには、看護師さんやらほかの入院されてる方が大勢通るので、ちょっぴり恥ずかしくて泣く事も出来ません。幸いマスクをしていたので、泣きながら鼻をたらしているのはごまかす事ができたものの、しばらく目頭を押さえるので必死になっていたのでした
愛妻もしばらくして大役を終え、病室に戻ってきました。意識はあるもののぐったりとした愛妻に、「ありがとう。がんばったねと声をかける事しか出来ませんでした。愛妻は目もあまり良くないので、まだ赤ちゃんをはっきりとは見ていないと言うので、デジカメの写真を見せてあげました。モンちゃんはおいらに似ているのですが、今回はどうやら愛妻に似ているみたい。切れ長の目から下が愛妻に似ていると思いましたおいらに似ても、愛妻に似てもイケメンなのは間違いないでしょう。早速親バカですいません。ジュニアくんは身長52センチ、体重3400グラムでこの世に誕生しました。モンちゃんが51センチ、3600グラムだったので、モンちゃんよりややスマート。しかし、すでにガブガブとお乳を飲んでは欲しがり、食欲はモンちゃんより旺盛みたい。ともかく元気一杯でありがたい事ですまだ名前は付けていません。ただいま愛妻と頭を悩ませてる所です。
今回ジュニアくんが誕生してくれて、うれしいのはもちろんですが、それと共においらの心にはまだ信じられないとか、驚きといった感情が強く残っています。それはジュニアくんを授かり、誕生に到るまでに色んな事があったからまたその事については、次の機会にお話させて頂きたいと思います。これから愛妻とジュニアくんの帰宅の準備やら、お寺の事などやらなければならない事が盛りだくさんです。少しまた間が空いてしまうかもしれませんが、またブログを更新しますので見て下さいね

 産まれたてジュニアくん 弟くんの誕生に狂喜乱舞するモンちゃん 生まれて次の日のジュニアくん
※名前をつけるって難しいですね。海外みたいに、おもて順ジュニアにしちゃおっかな
  • -
  • -