Menu
またまた台風で何かと心配ですね。おもて順です
そんな台風を前に、おいらは初めて愛娘モンちゃんが出場する運動会に参加してきましたおかげさまでモンちゃんは今年で3歳。急ではありましたが、9月から近所の保育園に通う事になりました。当初は心配しましたが、モンちゃんは保育園が楽しいようでほとんどぐずる事もなく、毎朝お出かけをして行きます。入園して1ヶ月ですが、ちょうど運動会の練習にも間に合い、今回モンちゃんの人生で初めての運動会参加となりました。保育園自体も楽しいようなのですが、運動会はもっと楽しみにしていたみたい毎日、我が家に戻って来ては、その日に覚えた練習の様子を歌ったり、踊ったりしながら家族に教えてくれたのでした。
運動会は本日10月4日の9時からスタート。園児のお父さん達はテントの設営などがあるので8時位の集合です。おいらも慌しく、朝のお経を終え、一足先にスクーターで会場へと向かいました着いてみるとすでに会場の設営はほぼ終わっている感じ。やばっ、遅かったかと焦りながらバイクを止めると、ご近所のゆかいな仲間の寺パパさんが前を通りました。すかさずおいらも、さも準備をしていたかのような顔をして合流。どうやらお父さん方はかなり早くから会場の準備に来られているようでした。その内園児やお母さん方も続々と集まってきました。田舎なので全体数は少ないものの、それでも園児1人にパパ、ママ、おじいちゃん、おばあちゃん達も来られるとなかなかにぎやかです
9時からスタートした運動会は、お昼過ぎまでの日程で行われました。やや暑いものの、曇りで風もあり快適な運動会日和です。おいらはゆかいな仲間のお父さんと「いやぁ、これでビールがあったら最高だね時代は変わりましたなぁ」とお茶を飲みながらお話をしていました。おいら達の子供の頃は、運動会といえばほとんどお祭り状態。お父さん達は乾杯しつつ盛り上がり、なぜか露店まで出ていたのを覚えています。しかし、今や日本も洗練されアルコールは自粛のよう。昨今の流れを考えれば当然の事なので、おいらもおとなしく健全にお茶を飲みながら愛娘を応援していました。モンちゃんはまだ下の方の学年なので、参加種目もおとなしめの内容。ラジオ体操、かけっこ、簡単なダンス、そして親子ゲームです。おいらは人生初の親子ゲームに参加してきました。子供と一緒にドラえもんのお面を着けたおじさんのポケットに玉を入れ、くじを引き、書かれた色の風船をとり、親がおんぶをして戻り、次の親子にタッチして交代というもの。ドラえもん役のお父さんの中には、ゆかいな仲間のお坊さんもいて思わず笑ってしまいました親子初めての共同作業はすんなりと終わり、さすが我が娘と親バカながら頭をいいこいいこしてしまいました。本人が楽しみにしていただけにモンちゃんは入場から終わりまで、終始良い子に楽しそうにしていました。遠くから様子を見ていましたが、彼女なりに保育園のお友達の中に溶け込み、おとなしくしていたのでおいらもホッとしたのでした。
運動会ではほかにも発見が。それは、小学生や中学生時代にいた後輩を見かけた事すっかり、お父さんお母さんになった後輩達は、ちょうど園児の子供を持つ先輩パパママさんになっていました。そりゃそうです。おいらは晩婚、モンちゃんを授かったのもまだ最近なので、遅いパパデビュー。後輩達が運動会で率先して保護者として活躍している位がちょうどだよねと、1人で納得していましたみんな子供時代の面影があって、時代を超えて何ともしみじみとした気分になったのでした。遅ればせながら、おいら達家族もこうしてまた一つ地域のコミュニティーの一つに加えて頂く事が出来ました。これもまた、愛妻とモンちゃんを授かったからこそのご縁であると思いますおいらのおふくろもそうですが、同級生や幼馴染のお父さんお母さんもじいじやばあばとなって、何人もお孫さんの応援に駆けつけておられました。おいらのじいじやばあば、両親も同じように応援に来ていてくれた事を懐かしく思い返しました。モンちゃんを始め、地域の子供達の為にも折にふれて素敵な想い出の1ページを作ってあげられるよう、これからお手伝いさせて頂こうと秘かに誓ったおもて順でありました

緊張しながら入場するおもて順と余裕のモンちゃん 親子ゲームで落ち着けとモンちゃんに言われるおもて順 モンちゃんにおにぎりを作ってもらうおもて順
※都会では我が子の撮影の為に運動会で血眼緊迫格闘技会場風な所もあると聞いていたおいら。我が地元はいたってのんびりとしたムードでホッとしたおじさんおもて順でした
  • -
  • -