Menu
ようやく晴れましたね。梅雨に逆戻りしてしまったみたいな天気で気分が滅入りそうだったおもて順です
8月はおいらの宿坊は繁忙期。なので毎年あっという間に9月になってしまう感じです。今年も気が付けばもう9月。「もっと太陽を。もっと海を。もっとビールをと、心の中で叫んでいるといつしか9月に入っていたりします。さて、おいらが住職となってお隣の七面山敬慎院(しちめんさんけいしんいん)身延山奥之院思親閣(みのぶさんおくのいんししんかく)にお勤めさせて頂くようになってから初めて知った事がありました。それは『正五九参り』(しょうごくまいり)という慣習。これは正月、5月、9月に寺社仏閣に参詣したり、行いを謹んで清らかに過ごしたりする行為の事です。最初は勤め先で参拝のお客さんで決まって1月、5月、9月に来られる方がいたので、何気なく聞いてみると正五九参りをされているというので、おいらは恥ずかしながら初めてこの慣習を知ったのでしたその後、お客さんの様子を気を付けてみていると、意外と正五九の月に来られている方が多かった事に気が付いたおいら。こうしておいらは新たな知識を得て、また一つ大人になったのでした。
正月は年の始めだし、何となく神仏に手を合わせるのは皆も納得しそうですでは5月と9月はなぜなんだろう。疑問を抱いたおいらは、当時一緒にお勤めをしていたゆかいな仲間のプリーストタイガーくんに質問をしてみました。困った時のタイガーくん。彼は10年ほど海外で活動していたワールドワイドなお坊さん。なので分からない事があるとおいらはタイガーくんによく質問をしていました。タイガーくん曰く「5月は憂鬱になってみんな心身が不安定になるからじゃないですか。5月病とかもありますし。9月は欧米だと新学期の始まりなんで、またこれもみんな不安になるんじゃないですか。アメリカの精神科医は正五九参りをよく勧めてますね~」と不思議な回答が。真顔で冗談を言う彼に「そんな訳ないだろ。欧米かと、当時流行っていたギャグでおいらも答え、コントのようになってしまったのでした。う~ん、なつかしいギャグですね。
調べてみると、どうやらインドや中国の風習が伝わってきているよう。諸説あるはずでがおいらのうろ覚えの所でご勘弁を。地獄のエンマ大王が正・五・九の月には使いを出して人間の世界で人々の行いを監視するのだとか良い行いも、悪い行いも全て報告されて人々が亡くなった時、ほとけさまの世界に行くか地獄に落ちるか判断の基準になるそうです。ただし、決まった月や日時にほとけさまの教えを守ったり、供養を施したり、良い行いをした者には願いを叶えてやったり、災いを避けてあげたり、死後にほとけさまの世界へと趣く事を約束するとか、確かこんな内容だったと思います。また正月は物事の全てが始まる月、5月はその年の流れというか動向というか物事の勢いが高まる月、そして9月はそれらが充実して結実や完成に到る始まりのような月とされます。こうした事からこれらの月は年の節目にあたる月であり、仏さま神さま私達には見えない自然の不思議なパワーが充実する月であるとされていま。すこうした理由から正五九参りが行われるようになったようです
9月はおいらが住む身延山でも大きな仏事が2つ行われます。何度かブログでもご紹介させて頂きましたが、それは身延山奥之院思親閣と七面山敬慎院の大祭。思親閣ではおいら達の心のお師匠さま日蓮大聖人のご法難の聖なる日に合わせ、また七面大明神(しちめんだいみょうじん)をお祀りする七面山ではお山が開かれた日に合わせてそれぞれ報恩感謝を捧げる大祭が行われます年に1度のこれらの行事には、毎年全国遠近から大勢のお参りの方が来られます。基本的に案内状をお持ちの方が対象となりますが、当日でもご参拝可能。恐縮ですが受付等の都合上、詳細はそれぞれのお寺にお問い合わせ頂ければと思います。両行事ともこの日にしか行われない、特別祈祷が式中にあります。おいらも出席しているので、ぜひ多くの皆様のご参拝をお待ちしております。正五九の特別な月に身延山と七面山にお参りして、強力なご利益パワーを頂いてみては前の日にはおいらの宿坊に宿泊も可能。ゆっくり1泊2日でいらして下さいね。ちなみに七面山にお参りの際は七面山で1泊じゃないと厳しいかもそれでは日時は下記に記しておきま~す。
奥之院思親閣大祭
日時 9月12日(金)
    午前10時より 法話
    午前11時より 大祭法要・特別祈祷
    終了後に祝宴あり
    お問い合わせ  0556-62-0686
    ※ロープウェイか徒歩でのお参りとなります。
    奥之院祖師堂とちょぴり紅葉   身延山奥之院からの富士山と雲海

七面山敬慎院大祭
日時 9月18日(木)
    午前10時より 読誦会
     午後4時より  読誦会
     午後6時半より 万灯奉納
     午後8時より  大祭法要
     午後10時より 特別祈祷
     午後11時より 通夜説教
    9月19日(金)
    午前4時より  開闢法要
    お問い合わせ 0556-45-2551

     ※徒歩のみのお参りとなります。
     七面山本殿   七面山山頂付近(右側)と大がれ(左側)
※ちなみに奥之院は徒歩だと2~3時間、ロープウェイで7分半。七面山は徒歩で3~5時間程かかるのでご了承を
  • -
  • -