Menu
身延山のしだれ桜は満開を迎え、今は折り返し地点といったところ。今年は色付きもよく、途中寒かったりしたので、意外ともっている感じ。毎日お花見を楽しんでいるおもて順です昨日の日曜でお花見のお客さんのピークは過ぎましたが、あと一週間は今が満開の紅しだれ桜を楽しむ事が出来そうです
おいらの宿坊にも、お花見とお参りのお客様にお泊りを頂き、この場を借りて今一度お礼を申し上げます。さて、桜を見たくてもどうしても来る事が出来なかった皆様には誠に残念でございました。そんな皆様の為に、今年もおいらのブログで身延山のしだれ桜コレクションをご披露させて頂きます。そんなに枚数はありませんが、雰囲気だけでも味わって下さいね。
樹齢400年のしだれ桜&身延山山頂・於・久遠寺 樹齢400年のしだれ桜・於・久遠寺2 樹齢400年のしだれ桜・於・久遠寺3
樹齢400年のしだれ桜・於・久遠寺4 久遠寺境内としだれ桜 久遠寺祖師堂脇のしだれ桜「
今年はご存知の通り、山梨県は観測以来初めての大雪に見舞われました。身延山内各地のしだれ桜も、大雪で折れたり、倒れてしまったものがありました。おいらのお寺でもせっかく植樹した紅しだれ桜が一本と、四季桜の木が折れてしまいました。ですが、雪にも負けず、山内の桜は今年はいつにも増して色鮮やかに美しく花びらもたわわに咲き誇っておりました。散っていくのは名残り惜しいですが、このはかなさも桜の魅力の一つ。限られた時間に精一杯輝いて、いさぎよく散っていく。そんな姿が日本人の生き様や美学と重なって、皆さんの心を打つんでしょうね今年はおいらの部屋から印象的な光景を目にする事が出来ました。日中何気なく窓の外を見ると、外は小雨混じりの強風でした。風で舞った桜の花びらが、上下左右に大量に舞い、まるで映画のワンシーンを見ているかのような美しさでした。おいらはすかさず缶ビールを開けて、しばらくその花吹雪のショーを楽しんでいました
久遠寺祖師堂脇のしだれ桜2 祖師堂脇のしだれ桜・別角度から 久遠寺祖師堂脇のしだれ桜と五重塔
久遠寺から見た西谷周辺の桜 西谷 ふもと坊さんの超有名なしだれ桜並木 身延山三門と紅しだれ
おいらのお寺で植樹した裏山の55本の紅しだれ桜の苗木も雪に負けず、着実に成長しています。まだまだ小さいですが、遠目にも花が咲いているのが確認で出来るようになって来ました。愛娘モンちゃんを抱っこしながら、10年後の桜とモンちゃんの成長した姿に想いをはせたおもて順です

三門前のしだれ桜 日蓮聖人墓所入り口付近のしだれ桜 日蓮聖人墓所参堂のしだれ並木
身延山総門としだれ桜 志摩房のしだれ桜と鷹取山 志摩房裏山で成長中の紅しだれ55本兄弟
※ただ今、おいらのお寺の裏山は竹林の猛威に襲われています。桜を守る為に頭を悩ませている所。どなたか良いお知恵があればお教え下さいませ
  • -
  • -