Menu
久々の台風直撃なのだ。何かしらの被害があるかとは思うのだけれど、不謹慎だと分かっていても子供のようになぜかちょっぴりワクワクしてしまうのだ。いつまでも大人になれないうら順なのだ
もうひと月前位になるけれど、ゆかいななかまのゆうちんから頼まれごとをされたのだ。それはある会議に出席してほしいというもの。ざっと聞いていた所では、トレイルなんちゃらとかいう大会を開くので、身延山山頂のお堂もコースになるらしいから、勤めている関係者として会議に出てほしいんだとか。「ふ~ん、マラソン大会ですか。ゆうちんも好っきやね~と何だかよく分からず出席してきたおいら。いざ会議に出てみると、本格的な競技大会だったようでビックリしたのだ
先日、案内のパンフレットも出来てきたので見ると、これがなかなか秀逸の出来栄え。大会名は『身延山 七面山 修行走 』~抜苦与楽への道~というもの。修行僧と修行走をかけてあるのが、オジサンダジャレ風で好感が持てるのだ。抜苦与楽(ばっくよらく)は仏教の言葉。読んで字の如く、苦しみを抜き取り、楽を与えるという事。仏さまや神さまが、おいら達凡夫を救って下さる意味なのだサブタイトルも良いセンスかも。パンフの写真には身延山の千本杉と呼ばれる参道の杉木立の中を、ランナーと修行走が合い向かい、走っている姿が。その中央に筆書きの白文字でタイトルが書かれているのだ。いやぁ、ほんとセンスのいい方が作ったんだなぁ。しみじみ眺めてしまったのだ
さて、肝心の内容はというと・・・。2コースあり、1つは「七面昇竜ロングコース」で36キロ。身延山の麓を出発し身延山(みのぶさん)七面山(しちめんさん)を登り、またスタート地点に戻るというもの。もう1つは「思親報恩ショートコース」。こちらは身延山の麓から山頂まで登りまた戻るという13キロのコース。七面山は1982mの山。身延山も1153mの山。おいらは両方知ってるからだけど、これらは立派な登山道。そんな道をマラソンでなんて聞いただけで、おいらには無理なのだでもトレイルランニングという競技は近年盛んになってるらしく、競技人口も増えてるみたい。そんな事はオジサンはまったく知らなかったのだ。大会の詳細はウェブサイトが開設されてるので、興味がある方は要チェックをお願いなのだ。結構、問い合わせがあるようで、エントリーも早々に締切になっちゃう可能性も
基本的に前日受付で前日の夜にはコースガイダンスがあるので、前泊になるみたい。おいらの宿坊にもぜひ前泊して頂きたいのだ。ただ飲み過ぎにはお気を付けを全国から大勢の皆様のご参加をお待ちしていま~す

日   時  平成25年 12月1日(日)
お問合わせ 身延山・七面山トレイルランニングレース
実行委員会事務局   ℡0556-62-1103
大会ウェブサイト www.minobusan-trail.com

       修行走
※ゆかいななかまのゆうちんはすでにロングコースを試走済み。ある日ふらりと山に現れたので驚いたのだ。当日は事務方なんで参加はしないみたいだけど。優勝したら困るからだったりしてね近くFM FUJIにも宣伝に出るとか。こうご期待
  • -
  • -