Menu
梅雨が知らない間にあけていました。人から聞いて初めて知ったおもて順です
もう何度もお話していますが、おいらは現在、身延山山頂のお堂にお勤めをしています。何度かご紹介の通り、いろんなゆかいな仲間達とこのお山をお守りさせて頂いています。今回はその中の1人、いや1匹を初めてご紹介したいと思います。
彼、ん?彼女かもしれませんが、それは1匹のワンコゆかいな仲間や職員のおばちゃん達は、コロとかシロと呼んでいます。口が悪いゆかいな仲間の中には、「お~いバカいぬ」とか、「タローや~」「シゲピーおいで~」などと毎回てきとうな呼び方をしている人も。(以下はコロで参ります)このコロは実は、このお山のメンバーで最古参なのです。前にコロは一体いつからこのお山にいるのかという話題になった事があります。その時、15年以上前にこのお山に一度お勤めした事があるゆかいな仲間の1人が、その時にはすでに確かにいたと言っていました。なので間違いなく15歳は越えているようもしかしたらそれ以前からいたかもしれないので、ひょっとすると20歳近いなんて可能性も。なかなかのご長寿犬です。
その姿はクリーム色の体毛で、大きさはラブラドール位。そう盲導犬でよくみるワンコですね。耳もたれてるので、パッ見はラブラドールにも見えるけど、恐らくはミックス犬だと思います。ゆかいな仲間達の推測では、捨てられたか、狩猟犬だったワンコがそのまま置き去りにされてしまったのではないかとの事。いずれにしろ、辛い過去を背負っているワンコに違いないというのがおいら達の統一した意見というのも、コロは姿を見せても10メートル以上は離れて、決して人に近付こうとはしないのです。でも、昔からお山の人達が可愛そうだからと、残飯をあげていたようで、夕方、コロ用の容器に入れておくとちゃ~んと食べているみたい。ここ数年は年をとるにつれ、いくぶん慣れてきたのか、お腹が空くと人がいる時でもと日中も現れるようになりました。ゴハンをくれるまで離れて待っていて、容器にいれて人が離れるとすかさず近付きゴハンを食べています
野良犬だと、痩せこけて貧相な風貌をイメージしますが、コロは割と普通。このお山でもゴハンをもらっているし、きっと他にも食べ物のありかを知っていて、しっかりと食べ物は確保しているんだと思います。たまにゆかいな仲間が使った悪魔の激辛デスソースが付いたおかずとかが入っていたりするので、ビックリする事もあるかもでも、なかなか野良犬にしては恵まれた食生活なのではないでしょうか。さらにコロにはさらに幸運だった事が。それは今のゆかいな仲間のメンバーにとてもワンコ好きな人がいる事。自身もワンコを飼っており、大の犬好き。時にはコロ用にドックフードも買ってきてくれたりと、コロには救世主的な存在です。コロが一時、毛が抜け、皮膚病になってしまった時期がありました。その時も、獣医さんから薬をもらいエサに混ぜてあげていた所、何といつしか皮膚病も治っていたのでした
おとといはみんなで5時15分に早朝出勤の日。身延山ロープウェイで山頂に着くと、珍しくそこにコロの姿が。お腹が空きすぎたのか、珍しくみんなの到着を待っていたようです。ゆかいな仲間のタイガーくんがいつものようにバカでかい声でうれしそうに「コロ~、コロ~と声をかけました。コロは相変わらず距離を保ったまま移動して行きます。タイガーくんがしつこく「コロ~、コロ~」と付いていくと、木立の中で急にしゃがみこみました。朝からタイガーくんのうっとうしい、しつこい攻めに刺激されたのか、コロはみんなの前で用をたし始めました。「ほら、コロがビビってウ〇〇しちゃってるじゃんと突っ込まれるタイガーくん。それでも珍しい機会だからと「いやいやこれはまさに衝撃的瞬間。逃してはなりませぬ。コロ~」と言ってiPadを取り出すと、その姿をなぜか楽しそうに写真に収めていたのでした。
後でコロの食卓にいってみると、まさにガツガツとお食事中。おいらに気が付き、めんどうくさそうにその場を少し離れたコロ。おいらは「すまん、すまん、君におやつを持って来たんだよ」と言って、ゆかいな仲間の食べかけホットケーキをたっぷりと容器に入れてあげましたおいらが戻ると「きっちり撮りました。私の今日の仕事はもうやり遂げました」と言って満足げにiPadをおいらに見せてくれたタイガーくん。そこにはコロのお食事タイムと、トイレタイムの様子がしっかりと写っていました。タイガーくんもコロが好きでたまらないようです

「見るんじゃないよ」by用足し中のコロ 「だから見るんじゃないよ」byゴハンタイムのコロ おまけ・タイガーくんが25分一本勝負に敗れた侵入野良ネコのハーブ太郎
※ワンコが苦手な方は山であったらビックリするかも。でも基本的には近寄って来ないのでご安心を。そっとしておいて下さるとありがたいと思います
  • -
  • -