Menu
あれっ、梅雨に入ったんだっけと、思ってらっしゃる方も多いのでは。とは言え、気温は日に日に高くなって朝のお経中も汗ばむ事が多くなってきたのだ。暑いのは苦手なうら順なのだ
先日、夕方我が家に戻るとおいらに郵便が届いていたのだ。差出人を見ると辰巳出版とあったのだ。何か本でも頼んだっけと思いつつ開封すると一冊の本が出てきたのだ。
その本は『ハート美人になれる宿坊ガイド』という題名。それを見た瞬間においらは掲載の依頼をされていたのを思い出したのだ。おいらはすっかり忘れていたけれど、完成したのでわざわざ送って下さったのだ
今回ご連絡を頂いていたのはO女史という素敵な女性。電話とメールでしかやり取りしてないけど・・・。そういえば校正の時に、アクセスの欄に「小木港から車で5分」なんて書かれていて笑ってしまったのだそう、ご存知の通り山梨は海なし県。全国の宿坊の記事を扱って大変なんだろうなぁと思いながら、指摘のメールをするととっても恐縮した返信が返ってきたのだ。
これまでも数冊の宿坊紹介の本に掲載して頂いて、それぞれの内容を見てきたのだ。今回の本は特に若者や女性の皆さんにも読みやすそうな構成に思えたのだ。お寺や宿坊は何となくまだまだ敷居が高い感じ。こうして親しみやすく紹介をしてもらえる事は、おいら達お寺をお預かりするお坊さんからしてもとてもありがたいのだ
宿坊といってもその内容はさまざま。宿坊とは名がついてるもののほぼ旅館なんて所から、思いっきりお寺のまんまなんて所まで多種多様。宿泊代も高級旅館並みから民宿程度と幅が広いのだ。それぞれに趣きや売りがあるからそこは皆さんでチョイスしてそれぞれの個性を楽しんで頂きたいのだ
この本の志摩房の紹介はちょこっとだけど思いがけない発見が。使用されていた写真は写経を指導するおいら・・・ではなく、この時にたまたま特別講師で来てもらったゆかいな仲間のプリーストタイガーくんだったのだ。毛が少ないように見えるけど、おいらではないのでお間違いなく
すでに全国の書店でも発売中のはず。見つけた方はおいらの宿坊を見つけてにやけてみてほしいのだ

     ハート美人になれる宿坊ガイド
※ただ今身延山は団体さまのお参りの真っ最中でも、もちろん個人のお客さま、お一人さまも大歓迎。身延山には20件ほどの宿坊があるので、団体さまのスキをゲットして宿坊体験・修行体験にいらしてくださいね

  • -
  • -