Menu
このところ過労気味な日々でどんどん毎日が過ぎて行くのだ。常時ナチュラルハイな状態のうら順なのだ
愛娘モンちゃんを授かって、早や2年を迎えようとしているのだ。育児は大変なこともあるけれど、それ以上に笑いや楽しさに満たされて、幸せな毎日なのだモンちゃんが生まれた当初から、動物園に行く事が子供の心身にとってプラスになると聞いていたので何度かおでかけしてみたのだ。モンちゃんも楽しそうだったけど、意外とおいら達の方が喜んじゃってたりして。今回は前から1度連れて行こうと言っていた富士サファリパークに行く事に間もなく誕生日を迎えるモンちゃんと、おいらのおふくろ、愛妻の江戸のおっかさんのダブル母親への母の日プレゼントも兼ねて、4人でお出かけとなったのだ。
我が家からだとサファリパークへのルートは富士五湖周辺を通っていくのだ。ちょうど本栖湖畔では『富士芝桜まつり』が開催中。もう開花のピークは過ぎたけど、まだまだ楽しめるという事でまずはこちらに向かったのだ。下部温泉を過ぎクネクネ山道を30分ほど進みトンネルを抜けると、そこには本栖湖越しに富士山がドーンと現れるのだしかし、残念ながらこの日は曇りで全く富士山は拝めず。本来だと旧五千円札や今の千円札に描かれた富士山と同じ風景を眺める事が出来るのだ。そう、そのトンネル出口の山のちょっと上から、あの富士山は書かれたのだ会場に着くと平日にもかかわらず駐車場は、車や大型バスがいっぱい。かなりの人気のよう。5分ほど林の中を歩くと、目の前に一面の芝桜の光景が広がったのだ。ピークを過ぎたとはいえなかなかの美しさなのだおいらと江戸のおふくろは初めて来たので予想以上の見事な芝桜に感動したのだ。芝桜が有名な所はいくつかあるけど、間近に富士山も一緒に眺められるのは多分ここだけ。まさに鬼に金棒。世界遺産にもなりそうだし、ますます人気のスポットになりそうなのだ。驚いた事に訪れている人の半分が中華系の海外からの観光客。世界情勢は色々とまだ心配な事もあるけど、こうして日本まで足を運んでくれてとても有難いのだ。おいらも毎日お祈りを欠かさないけれど、やっぱり世界平和が大事なのだ会場には山梨や静岡のB級グルメのコーナーやカフェ、足湯なんかもあったりして色々楽しめるのだ。おいら以外の女性陣は草餅の誘惑に勝てず、「別ばらだもんねぇ~」と言いながら焼き立てアツアツあんこたっぷり草餅にかぶりついていたのだ
芝桜を眺めつつ一句考え中のモンちゃん 晴れていればバックには富士山の姿も バアバから芝桜と人生について教わるモンちゃんン
その日は河口湖畔の温泉で1泊。翌朝は快晴のもと雄大な富士山も眺める事ができ、富士山Loveの江戸のおっかさんも満足げだったのだ。モンちゃんが早起きしたので早めに朝食を済ませ慌ただしく出発となったのだ。道すがら、近頃話題の河口湖にある小島に建つ六角堂というお堂が見えたのだ。こちらは本来は周囲を湖で囲まれ船でしか行けないのだけど、このところ急に水が少なくなって歩いて小島に渡れてしまうという事でニュースでも度々取り上げられたりしているのだおふくろがぜひ行きたいと熱望するので、行ってみる事にしたのだ。湖畔から六角堂までは2、300mといった距離。普段は湖底になる場所を歩いていると何とも不思議な感じが。モンちゃんは中ほどまで来ると小石をつかんで水辺まで行き、石を投げ入れて遊び始めてしまったのだ。他の3人はすでに小島に上陸成功。普段我が家の池に石を入れて遊ぶ事を覚えたモンちゃんはここでも、それを始めたよう仕方なく戻って来た3人と交代してもらい、おいらは1人で小島に向かったのだ。おいらよりも高い石積みの上の小島は水があれば水深3~4mはありそう。近くで見る六角堂は思ったよりしっかりした作りなのだ。格子ガラスの間から中を覗くとそこには何と予想外のものが・・・。
富士山よりも本日の為替を心配するモンちゃん 六角堂に向かう愛妻&モンちゃん 六角堂と河口湖大橋&ダブルおふくろとはしゃぎまくりモンちゃん
それは大きな1枚板に書かれているのか彫られている南無妙法蓮華経のお題目があったのだまったく予備知識なしで行ったのだけど、後で知った所ではこちらも、おいら達の心のお師匠さま日蓮大聖人とゆかりのある建物だったのだ。何だかうれしくなっておいらはそこで合掌しお祈りを捧げてきたのだ裏面にはそちらを作ったお坊さんとお寺の名前も記してあったのだ。六角堂を後に再び車を走らせたおいら達。狭い路地を進む途中、たまたま六角堂で書かれていたお寺の前を通ったけれど、素晴らしい山門がある大きなお寺だったのだ。こちらは同じ法華経、お題目を信仰するお寺だけど、ちょっと系列が違うのだ。どうりで六角堂の事も知らなかったはずと納得できたのだ
モンちゃんは六角堂から車に戻る時に転んで手のひらをすりむいてしまったのだ。六角堂にお参りもしないで、湖に石を投げて遊んでいたので罰があたったのかも「痛いよ~」とぐずるモンちゃんをなだめながら、お楽しみの富士サファリパークへと急いだのだ
後篇に続く・・・。

      六角堂    六角堂から見た河口湖と河口湖大橋
※富士芝桜祭りは本来は入場料がかかるのだ。でも、何と5月26日より入場無料もう芝桜も終わりそうだからみたい。それでもいい人は行ってみてね。6月2日までやってるようです。
  • -
  • -