Menu
合掌 おもてじゅんでございます
おかげさまで、志摩房は2月8日をもちまして、開創以来735年目に突入致しました今朝は、朝のお勤めで志摩房にお祀り申し上げております日蓮大聖人を始め、当坊を開創された日傳上人、また佛さま神さまに感謝のお経を捧げました。合わせて、735年を迎え一層のお寺の繁栄と自身の精進をお誓い申し上げました。
私の師匠であり父であった先代住職は平成12年に遷化(せんげ・お坊さんが亡くなる事)致しました。その後、私が住職となり、お檀家さん、ご信者さん、有縁の皆さまのお力添えを頂き、何とか今まで志摩房をお守りさせて頂いております。本年は私が住職となり10年目を迎えました。あっという間の10年でしたが、若干27歳で住職になって以来、思い返しますと私自身には何も力がないにもかかわらず、不思議な事に多くの皆さまのお申し出、ご寄進によって志摩房の内外を整備させて頂く事が出来ました。ここにあらためまして、お礼を申し上げます。
さて、来たる2月12日は志摩房を開創された日傳上人の祥月命日であり、御報恩法要と合わせて御守護神の最上さまの大祭が行われます。どうぞ、皆さまお誘い合わせの上、ぜひお参り下さいませ(大祭の詳細につきましては、志摩房ホームページのお知らせのページをご覧下さいませ。)
本年は日傳上人が遷化されてから706年目でございます。お墓は山梨県の増穂町、本山小室山 妙法寺の隠居寺でありました久成院(くじょういん)にございます。学生時代ともに修行生活を過ごしたマー君上人が副住職でおりますので、妙法寺ご参拝に合わせ、皆さまぜひお参り下さいませ。
志摩房開創735年、住職就任10周年の節目を迎え、一層の精進をして参る所存でございますどうぞ皆さま、これからも変わらぬご指導ご鞭撻、ご支援を賜りますよう伏してお願い申し上げます。 再合掌 九拝

志摩房御宝前 志摩房の日蓮大聖人 志摩房を開創された日傳上人 志摩房の鬼子母神さまと七面大明神さま

本山 小室山 妙法寺
(日傳上人が開いたお寺。山中とは思えないほどの大伽藍がございます。)
住 所  山梨県南巨摩郡増穂町小室3063
久成院 
(日傳上人のお墓があります。元は妙法寺住職の隠居寺。)
住 所  妙法寺のすぐ横
行き方  身延山より車で甲府方面に向かい、約30分。旧52号線、鰍沢商店街に入ると小室山入口の看板あり
  • -
  • -