Menu
このところかなりポカポカ陽気なのはいいのだけれど、比例して花粉や黄砂11PMいや違った、PM2.5なんかも大量に舞い始めてるみたい。春の訪れを素直に喜べず、何だか複雑な心境なうら順なのだ
ここ数日、おいらの住む身延山でも関東周辺と同じく15度~20度前後なんて暖かな日が続いているのだ。「いや~、こうあったかいとますます冷たいビールがおいしくなってしまいますなぁ~と浮かれていると、愛妻は無粋なおいらと違い風流な事を言っていたのだ。愛妻曰く「2、3日前から朝、ウグイスが鳴き始めてるよ。ホケキョ。庭のしだれ梅も咲き始めたんだよとの事。すぐに庭に出てしだれ白梅をチェックすると数輪だけ花を咲かせていたのだ。さらに翌朝、目覚めると家の周りでウグイスが何度も鳴くのが聞こえたのだ。さらにその日、おいらの職場のゆかいな仲間達と「あったかいね~。もしかして桜も咲いてたりしてと話をしたのだ。気になったので帰りがけに、毎年身延山で1番最初に咲く定林坊さん(じょうりんぼう)前のしだれ桜を見てみると何とホントに1輪だけ開花してるじゃありませんか。今年は山内の桜も早めに咲いて行くかもしれないのだ。
   身延山で最初に咲く定林坊前のしだれ桜   咲いちゃった身延山で1番早いしだれ桜
それから2日ばかり経つとすでに我が家のしだれ白梅はもう1分咲き。ウグイスはがんがん鳴きまくり、普段は姿もあまり見られないけど、今年は早速境内の木にとまって鳴く姿も確認できたのだ残念ながらデジカメのシャッターを切る前に、飛び去って行っちゃったけれど・・・。再び定林坊さん前のしだれ桜も出勤途中に見て行くと10輪程の花が咲いているのが確認出来たのだ。この事をゆかいな仲間のプリーストタイガーくんに話すと、「いやぁ、春の野郎、いきなり全力で来やがったな油断なりませんねぇ」と、なぜかケンカごしで春の到来を警戒しているようだったのだ。
しかし、ここ数日の暖かさはもうあったかいを超えて、暑い位なのだ。自然は正直なもので花やウグイスもそうだけど、寒い時には見かけなかったクモや小さな虫さん達も部屋の中で見かけるようになったのだ我が家の池のコイさん達や水鉢のメダカも急に活発に動くようになって、バクバクとエサを食べているのだ。近頃、愛娘モンちゃんも急激に食欲が増してふっくらしてきたけれど、それもやっぱり春がきているからかしら食欲もそうだけど、最近はおしゃべりも日に日に語彙が増えていて、テレビで一瞬聞こえた言葉をすぐ真似したりしてるのだ。
ともかく、今年はこのまま行くと身延山の桜シーズンは早めに始まりそうな気配。以前にもお彼岸には満開で4月にはもう散り始めていたなんて事もあったのだでもこればかりは天候のなせる技。これからまた寒さが戻ると、開花も足踏み状態って事もあり得るのだ。これから身延山の桜見物を計画中の方はよ~く情報収集をして欲しいのだ。身延山観光協会のサイトで詳しい情報提供がされているので、チェックしてね
今年も大勢の皆さんのお越しを心よりお待ちしているのだ。ちなみにおいらの所の宿坊もぼちぼちシーズン中の予約が埋まってしまいそうな状況。ご予約はお早めに

   1分咲きの志摩房しだれ白梅   テレビにて言語習得中モンちゃん
※今年はおいらの宿坊のしだれ桜も夜桜ライトアップを復活の予定なのだ
  • -
  • -