Menu
麓では雨だったものの、おいらがお勤めする身延山頂ではまたまた雪が降りました。10センチ程だったから良かったものの、朝からゆかいな仲間とまたまた総出の雪かき。みんなで「アイタタ、また腰がなどと情けない声を出しつつも広い境内を何とか除雪したのでした。雪かき恐怖症になりそうなおもて順です
さて、今年も2月12日においらが住職を務める志摩房では、恒例の開創日傳上人御報恩法要・最上位経王大菩薩大祭が行われました。この日が日傳上人の祥月命日に当たるので、毎年この日に報恩法要と合わせて当院にお祀りする最上位経王大菩薩さまの大祭も行っています。今年は志摩房を開かれた日傳上人(にちでんしょうにん)が遷化(せんげ・お坊さんが亡くなった時の言い方)されてから709年目となります。毎年この日を迎えると、何とか今年も1年このお寺をお守りさせて頂けた事をしみじみと実感し、あらためて仏さま神さまご先祖さまに感謝の念で一杯になります。またこの場をお借りして日頃お世話になっている皆さま、法要にご参列やご奉納を賜った皆さま、お手伝いを頂いた皆さまに厚く御礼を申し上げますお寺といえども長い歴史の中には、様々な理由からなくなってしまったり、合併したり、建物だけがかろうじて残っている所もあるのが現実です。そうした中で今年も1年、歴史を積み重ねる事が出来たありがたさを噛みしめ、また1年がんばろうとこの日を境に決意を新たにしています
毎年の法要では近隣の坊のご住職さんや有縁のお寺のお坊さんが集まって、一緒にお経をあげたりご祈祷をして下さいます。また人数は多くないものの、お檀家さんや信者さん、ご近所の皆さんもお参りにいらして下さいます。日頃なまけ心に負けてあまりお経もあげられないおいらこの日ばかりは、皆さんのお力もお借りしてたくさんのお経やお題目をあげさせて頂けるので、おいらの感謝にはそうした意味合いも含まれています。今年は平日だったのでいつもよりお参りも少ないかと心配しましたが、今年も遠くは大阪や愛知、近隣からも参拝して下さいました
お参りの皆さんにはお礼の意味を込めて、ささやかですが宴席や催しものを行っています。近年は法要の後に開運グッズや豆を入れた色んなものをまく、節分の豆まきのような福まきを行っていますこれはお坊さんがお参りの皆さんを取り囲み、それらのグッズを皆さんにまいて拾って頂くというもの。中には角ばった箱状のものもあるので「もしも、角ばったものが当たって痛くても、志摩房ではなく投げたお坊さんに文句を言って下さいね。」と冗談交じりに前置きをしたりしています。また、焼き鳥とタイヤキの屋台に出店してもらっているので、福まきの中には少しだけそれらとの引き換え券なども入ったりしています「福は~うち、福は~うちの掛け声で福まきを始めると、結構真剣に拾って楽しそう。まいているおいら達も何だか楽しくなってきます。さらに開運試しという事で、みんなでじゃんけん大会も行います。これはお坊さん1人と皆さんでじゃんけんを行い、勝った方若干名にはスクラッチの宝くじを差し上げるというもの。30名ほどに差し上げていますが、今年は当たった方がいたでしょうかおいらは、「もしも当たった方はおいらも愛娘モンちゃんのおむつやミルク代がかかるので、最上さまにご奉納という事で・・・と、こっそり持って来て頂くと助かります。さらに福を授かる事間違いなしです。」などと、あつかましくお願いをしたのでした。
またおいらはこの日は皆さんに笑いのお布施をさせて頂こうと毎年、奉納落語を行っています今年は女流講談師の一龍斎貞寿さんをお招きし、楽しい講談をお願いしました。貞寿(ていじゅ)さんは身延山は初めてという事で、参拝がてら前日からお泊りを頂きました。法要前日という事でおかまいも出来ないので、恐縮ながら夕食も家族と一緒。モンちゃんのお相手もして頂き、楽しい晩ごはんとなりました。当日、本番前には着物でビシッと決められ、まさにお姿はジャパニーズクールビューティーわざわざ講談用の釈台(小さな前机)も送って下さり、本格的な雰囲気です。残念ながらおいらは他の準備の為、例年お話は聞く事が出来ません。ですが後の宴席で皆さんに感想をお聞きすると、講談とは言いながらもとても分かりやすく楽しかったと皆さん口をそろえておっしゃっておられました帰り際にご挨拶がてらちょこっと宴席にも加わって頂いた貞寿さん。お手伝いで来てくれていたおいらのおさな馴染み、若旦はんコージーくんやお茶コーくんを始め他のおじさま達は、鼻の下を伸ばしつつ会話を楽しんでいたのでした
この所、お手伝い頂く方やお参りの方がご高齢の為亡くなられたりして、いつものお顔がなくて残念だったりします。しかし、またそのご家族や、あらたなお参りの皆さん、若い世代の方も少しずつおいで頂けるようになり喜ばしい限りです。何とか今年も無事に法要をおつとめする事が出来、ホッとしているおもて順でした。多謝 九拝

講談中の貞寿さん~撮影・若旦はんこーじーくん~ 富士山と駿河湾の美しさに固まってしまった愛娘モンちゃんと愛犬ワンワン 講談中の貞寿さん
※今年は何だかお疲れモードだったおいら。準備不足やちょいミスがあったりちょこっと反省しています写真も撮り忘れていたので、講談の様子となぜかモンちゃんの写真でお許しください。
  • -
  • -