Menu
雪かき後遺症で未だに右肩痛に悩まされているのだ。これはもしかして四十肩ってやつかしらとビビっているうら順なのだ
さて、今さらながらなのだけどおいらの住む身延山でもようやく最近NTTの光回線が開通したのだ今までは色んな大人の事情とかで、周りの街が開通しているのになぜか我が町、身延町だけが光回線がスルーされているという何とも理不尽な状況だったのだたまたまおいらの同級生が町に『早く我がふるさとにも光回線を引いて下され。お上殿おねげ~しますだ』的嘆願書を集めていたので、おいらもお寺さんにお願いしてサインを集めたのだ。するとそれが功を奏したのか、ようやく開通し始めたという訳。
先日、おいらの宿坊でも念願の光回線になったのだ。ついでに、お泊りのお客さんにも制限付きだけどちょっとだけ快適にネット環境を提供しようと、WiFi(NTT光ステーション)の設置もしてもらったのだちなみにこちらは1日2回最大10分ずつまでご利用可能。なお、NTTフレッツスポットを契約されている方なら無制限でご利用出来るのだ今度お泊りにいらした方は使ってみて下さいね。おいらがお勤めする身延山山頂のお堂、奥之院思親閣でもこれから工事に入る所。なお同じ山頂の身延山ロープウェイではすでに光回線が開通済なのだ。よくぞこの標高1153mの山頂まで線を引いてくれたと驚嘆するのだ。しかも、麓より開通が早かったりして・・・
近頃、色んな職種の方と接する時に、その方のお仕事っぷりをよ~く見るようになったのだ。良い所、悪い所を見て自分にも役立てようと思っているのだ。今回は我が家と奥之院の2か所でNTTの方のお仕事っぷりを拝見し、またまたシビレてしまったのだ両方とも現れたのは50代とおぼしき見た目はごくごく普通のオジサン。お話しすると甲州なまりで、ホントに近所にいそうな感じの方。しか~し、いざお仕事を始めるやおいら達にはもはや理解不能のIT炸裂作業だったのだ。お山に来たおじさんは事務所内の配線状況を確認して、光回線にした場合現況からどう変わるかを説明してくれたのだ。ポカーン状態のおいらとゆかいな仲間達にササッと紙に配線の図を書いて、おいら達にも分かるように丁寧に説明してくれたのだまた、おいらの宿坊に来たオジサンもその風貌と口調とは裏腹にテキパキとお仕事をこなしていたのだ。こちらのオジサン2人に共通するのはおもむろにパソコンやスマホを取り出して、流れるようにそれらを使いこなして作業をしていた点。そういう業界の方なら当たり前なのかもしれないけど、作業を見ていてもおいら達にはチンプンカンプンなのだ。分かったような顔をして見ていたけど、内心は「すげ~何やってんだか全然わかんね~と驚きと羨望が入り混じった状況だったのだ。よく女性が見た目と中身にギャップがある男性に惹かれるなんて聞きますよね。このオジサン方もまさにそんな感じ。一見よくいる由緒正しき山梨のオジサン風なのに、口調もそのままにお仕事は最新の機械を難なく使いこなしサクサクと進める。新年早々、心地良いやられた感を味わったのだ
奥之院の工事は境内が広いので建物までの配線がまず困難な状況との事だったのだ。心配するおいら達にオジサンは一言。「NTTの威信にかけて工事させて頂きます。こういった場所でこそ、快適な通信環境が必要ですし最大限に活かされますから。」とおっしゃってくれたのだ。このお言葉でおいら達はまたまたKOされたのだちょっと古いけど、何だかプロジェクトXのワンシーンを見ているかのような、かっこ良すぎな場面だったのだ。おいら達は涙目になりながら、ロープウェイへと向かうおじさんの後姿を見えなくなるまで見送っていたのだ
WiFiはこのマークが目印 我が家の必殺WiFiルーター 光回線の早期開通を願いホンタコスくんが作成した合掌雪だるまのヒカリくん1世
※1日も早い奥之院の光回線開通を願っているのだ。WiFiも一部で出来るようになる・・・かも
  • -
  • -