Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
相変わらず師走という事で、バタバタ激走僧侶状態が続いているおもて順です
今回はちょっぴりまじめなお話。愛娘モンちゃんを授かってからというもの、初めて親となれたおいらは親子というものについて以前よりも深く考えるようになりました。「目に入れても痛くない」とか「万が一、子に何かがあったら我が身に代わってあげたい」とか、今までどこかで聞いたフレーズを納得出来るようになりました。それから、今こうして自分がある事のありがたさ。親や親族を始め、どれだけ多くの方の慈愛を頂いていたか。今更ながらようやく素直に感謝出来るようになった気がします
おいら達の心のお師匠さま日蓮大聖人は親子について「父母となり其の子となるも必ず宿習なり」と、おっしゃられています。これは簡単に言うと、親子の関係というものは偶然ではなく、過去世からの不思議な縁によって結ばれているという事ですおいらも見えたり覚えていたりする訳ではないので、「はい、その通りです」とは自信を持って言えません。「そうなんだろうなぁ。多分そうかも・・・。」程度の認識です。ややブームがおさまった感がありますが、今もそうしたスピリチュアル系のお話は興味がある方は多そう。おいらも職業柄ではないけれど、その一人。世の中には色んなお考えの方が居られるので、そういった関係の本やサイトをよく見ています
先日、またまたおもしろそうな本があったので早速購入してみました。それは『自分をえらんで生まれてきたよ』という題名の本いんやく りお君というお子さんが著者です。正確にはりお君が話した言葉をお母さんが書き取った物との事。りお君がかたことの言葉を話し始めた頃から、9歳までのお話がまとめられています。生まれながらに病気を持って生まれたりお君。詳細は割愛しますが、この本にはりおくんがなぜ、どうしてお母さんの子供として生まれてきたのか。生まれる前の世界の事。命や神さまの事がやさしく書かれています。おいらも一気に読み終え、途中何度かウルウルしてしまいました今までも、前世の記憶を持つ子供のお話は聞いた事がありましたが、これまでとは違った感動と驚きを味わった内容でした。
一部の内容はおいらの宗教観とも相通じる物。まるで、あらためてお子さんの分かりやすい言葉で説明をしてもらったようで、深~くうなずいてしまいました今回、読んでいていくつかハッとさせられた内容がありました。その一つをご紹介させて頂きます。(以下原文引用)
「音には、たましいが寄り添うよ。
だから、太鼓のドンという音は、
とてもいいよ。
音も言葉も魔法だよ。
言葉にも魔法があるけれど、
音にも魔法があるよ。
言葉も音の一種だから、
言葉も音も同じもの。
魔法があるっていうのは、リズムだね。
リズムは、神さまが
生まれるとき、つくられた。
人は研究して、それを知った。
神さまも、リズムや音から生まれた。
ほかにもいろいろなものが、
重なりあって生まれたよ。」

おいらは、この部分に差し掛かった時、思わず読み返してしまいました。おいら達が所属する日蓮宗では既成の仏教宗派の中でも特に太鼓をよく用いますお題目やお経をお唱えする時も、大きな太鼓や携帯できるうちわ太鼓という物を使います。学生の修行時代から教えられた通りに、ただ使って来ていました。しかし数年前に何人かの方とお話をして、「この太鼓の音色が、お題目やお経と一緒に周りを浄化してくれるんだよ。」と口々に同じ事をおっしゃられていたのを機に、おいらも積極的に太鼓を使うようになりました。なので、りおくんの「太鼓のドンという音は、とてもいいよ。」の言葉にはあらためて驚いてしまいました
お寺には色んな仏具があります。殊に皆さんがご存知の木魚や、「ゴ~ン、チーン」と良い音色のするリンやケイスと呼ばれる音の出る仏具は総じて梵音具(ぼんのんぐ)と呼ばれます。ほとけさま、神さまのお声の代わりとして、またそうした世界の清浄な音色を奏でる為の仏具という事ですそうした意味合いではあるものの、梵音具は主として合図や読経の拍子を合わせる為に使われます。また、独特の音色は私達の心を厳かにしてくれます。しかし、上記のりおくんの言葉を読み、今ある音色はちゃんとした理由の上に作られたんだろうなと思い直した次第です。おいら達の理解を超えた不思議な作用に誰かが気が付き、それぞれの梵音具は作られたのかもしれません
愛娘モンちゃんがおいらの太鼓で踊りだしてしまうのも、前世ですでに聞いていたからかもそんな事を考えながら、近頃ますます太鼓を叩くのが楽しくなってきたおもて順です。

      りおくんの本   おいら愛用うちわ太鼓

※思いがけない所に色んな気付きが転がっているようです。りおくんの本を知ったのは、地下鉄で何気なく見た広告でありました
  • -
  • -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。