Menu
朝晩が大分涼しくなってきたのだ。今年初の、防寒ナイロンパーカーを着て出勤したうら順なのだ
『賽銭ドロボー』って皆さんも1度は耳にした事があると思うのだ。今でもたまに、テレビのニュースでちょこっと取り上げられたり、スポーツ新聞にイラスト付きで記事になっていたり、昔からなくならない犯罪の一つ。こうしたニュースは扱いが小さいものがほとんどおいらが勝手に思うには、「○○容疑者は賽銭何百何十円を盗んだ疑い。」とか少額の場合が多いので、犯罪抑止の為に取り上げてくれている程度なのかも。ちょっぴり不謹慎だけど、あまりに少額なので思わず笑ってしまう時も。しかし、それにも増して情けないような悲しいような気持ちになるのだ中には本当に困ってやむにやまれずやってしまったり、そういう人もいると思うけれど、やはり犯罪は犯罪。人さまのもの、ましてやほとけさまや神さまにお供えされた人の想いが入った浄財を盗むのは、とても罪深い行いだと思うのだ。
「少額だから大した事ないでしょ。まあ、まあ。」と思う方もいるかもしれないけれど、チリも積もれば山。全国の寺社仏閣の中にはこの事で相当お困りの所もやはりあるのだ。賽銭と言ってもお札もあるし、何回も何年も続けてとなれば相当の額になるのだとは言っても、そこは人情味あふれる、慈悲深き日本の神職、僧職の皆様の事。相当な件数が表ざたにされていなかったり、見逃してあげている例もあると思うのだ。
おいらが修行を始めた学生時代から、今に至るまでにもそんな話をかなりの数、耳にしてきたのだ。犯行現場で捕まえたけれど、その場でお説教をして見逃してあげたとか、わざと数十円だけおいておき、あえて持って行かせたとか。それらが本当に良かったか悪かったかは別として、今も同じような事があるのは確かな所。かくいうおいらも、そうした経験があるのだ。というか、現在進行形かも・・・どんな犯罪も常習犯ていうのがいるけれど、おいらの所にも決まって賽銭ドロの常習犯が現れるのだ。もう、何年も来ていて犯行現場も見ているけれど、いつも見逃しているのだ。でも、賽銭箱はしょっちゅう確認して、いつも数十円しかないようにしているので、ドロボーも「けっ、しけた寺だな。」と思ってたりして。常習犯の人は何人かいるけど、この人もこの界隈では超有名人本人はもしかすると未だにばれてないと思っているのか、今も定期的に現れるのだ。本人もばれないように工夫しているつもりか、お参りを装って数珠を持って手を合わせていたり、桜や紅葉の時にはカメラを構えて観光客風に見せかけている時もあるのだ。おいおい、みんな知ってるよ。もう、いいかげんやめた方がいいよと思いつつ、立ち去るのを見ているのだ。先日も来ていたのでおいらがジッとにらんでいると、何を思ったのか会釈されちゃったりして、おもわずおいらも会釈を返してしまったのだ「あっ、いかんいかん、おいらは何をやってるんだ。」と思いながら、自分の馬鹿さ加減に笑ってしまったのだ。
自分のお寺ではないけど、おいらはこれまで2回ほど賽銭ドロを捕まえた場面に遭遇しているのだその時はいずれも、定年を過ぎたオジサンが犯人。警察も来て犯人の話も聞いたけど、共にごくごく普通の家の人。ちゃんと家族もいて、警察の人と家族が電話でする会話を聞いていると、何とも悲しいようなやるせない気持ちになったのだ特に金銭的に困っていた訳ではなく、スリルと自己満足の為にやっていたみたい。本人には更生してもらうしかないけれど、ご家族の気持ちを考えると何とも気の毒になってしまったのだ。
現在の不況や増税、政治の混迷を考えると、これからこうした犯罪も増えていきそうで心配なのだ。非力なおいらにはお経をあげる事ぐらいしか出来ないけれど、平和な世界であるよう共に生き共に栄える事を願い今日も祈りを捧げるのだ
 
奉納して頂いた賽銭箱 「盗むべからず。」byダメいぬコロン 賽銭箱(イメージ)
※悪い行いも良い行いも、現在だけでなく過去と未来までそれぞれ7代まで影響を及ぼすとか。出来る限り良い行いをするよう心がけ、みんなで幸せになりたいのだ
  • -
  • -