Menu
いやいや、久しぶりに現れましたよ。サルきちが。しかも、群れで。昔はサルと呼ばれたおもて順です
朝、奥之院へ出勤しようと支度をしていると、突然ダメいぬコロンがけたたましく吠え始めました。何気なく窓から外を見ると、サル、サル、サル群れが民家の屋根を歩いて電線を伝わり、志摩房前の東谷参道を超え、反対側の山に大移動をしていました。良く見ると、子ザルもおりました。お母さんの背中に乗ったり、お腹にしがみついたり。迷惑に感じている方もおられるので不謹慎ですが、やはりかわいいなと思ってしまいました。
サルきち移動中   子供おんぶサルと仲間   おサル3
普段はそれほど見かけないのですが、山にエサが乏しくなると民家のそばまで下りてくるようです。畑もあるので、作物を食べてしまい怒ってる方もおられます。私の部屋の裏には大きなゆずの木があり、毎年沢山のゆずが実ります。お泊りのお客様のお料理に使ったり、ゆず湯にしてお客様にも楽しんで頂いていますいつかは、このゆずを狙ってサルがゆずの木に鈴なりになっていた事もありました。でも、酸っぱくて一口かじっては捨てるのですが、おつむが足りない悲しいサルきちの性か、どれかは甘いだろうと思うのか、いつまでもかじっては捨てを繰り返しておりました。
ダメいぬコロンが来てからは我が家のゆずは守られております。どうぞ今度、志摩房でゆずを楽しまれたお客様、ダメいぬコロンにもおほめのお言葉をおかけ下さいませ

仲良く並ぶ母サル子サル     「待てやぁ~サルきち」byダメいぬコロン
※サルきちの写真が小さくてすみません。クリックして大きな画像で見てね。

  • -
  • -