Menu
いよいよ夏本番。8月に入って、ますますテンションが下がり中のうら順なのだおいらは寒さには強いのだけど、暑さはにはめっぽう弱いのだ。なぜか愛妻は真逆で、暑いのは全然平気で寒いのが嫌いどんなに暑くても「クーラーって何ですかといった顔で平気で過ごしているのだ。
さて、愛妻よりも身延ライフが長いダメいぬコロンくんはというと、やっぱりおいらと同じで夏が苦手なのだ夏場は日中になると、小屋にはとても入ってはいられないらしく、ベランダの少しでも涼しい場所を求めて移動しながら暑さをしのいでいるのだ。時には洗濯機がある部屋や、お風呂の脱衣所、あげくの果てには勝手に引き戸を開けて家の中まで避難して来てしまうので、突然家の中で姿を見付けてビックリなんて事もあるのだコロンくんはちょうど夏を迎える頃になると体の毛が生え代わるようで、抜け毛もすごいのだ。なので、毎年その頃になると暑さ対策と抜け毛対策を兼ねて、いつもの美容院で短くカットをお願いしているのだ。愛犬家の皆さんのように、頻繁に美容院に行くなんて事はないけれど、年に数回はお願いをしているかなそれ以外は、おいらがお風呂でカリスマ美容師並みに超丁寧快適シャンプーヘッドマッサージ付きを施したり、その昔は川で一緒に遊びながらついでに洗ってしまったりしていたのだ。
そんな訳で今年も、恒例のお約束サマー美容院にコロンくんを連れて行ったのだ。今年は予約が遅くなってしまい、美容院も混んでいたのでコロンくんのカットがいつもより遅くなってしまったのだいつも連れて行く時にはVIP待遇でケージに入れて車で送迎するのだ。この日はさっぱり出来るのを察したのか、いつもより素直にすすんでケージに入ったコロンくん。午後の強い日差しの中を快適クーラーが効いた車で、一路行きつけの美容院に向かったのだ美容院に到着すると、ケージごとお店の中に入り先生に引き渡して、後は終わって迎えに来るまで全てお任せなのだ。コロンくんもオスのはしくれ。素敵な美人先生に会うと、素直におとなしくしているのだ。通い始めた当初は嫌がって騒いだ事もあったみたい。でも、通う内にカットとシャンプーの気持ちよさに目覚めてしまったようなのだ。先生も「だんだんおとなしくなって、やりやすくなってますよと、やや鼻の下を伸ばしぎみなコロンくんの様子を教えてくれるのだ。
   バットマン風な顔立ちのコロンくん   不思議な体勢でご飯中のコロンくん
いつも2時間程で終了するので、お迎えにあがるのだ。この日もカットとシャンプーを終え、ケージに入っていい子で待っていたのだ。先生に支払いを済ませるのだけど、いつも思う事が・・・。素敵な笑顔とは対照的にさすがトリマーのプロらしく、それまでの経験の長さを示すように、腕には動物達にやられたと思われる傷跡がけっこうあるのだ。動物もおとなしい子ばかりではないだろうから、先生の大変さを思うと頭が下がるのだ我が家に戻りコロンくんを境内に解放してあげたのだ。コロンくんも身軽にさっぱりとなって、うれしそうに走り回っていたのだ。前にもお話したけど、先生はちょっぴりお茶目なとこがあるのだ。いつからかカットの際に、コロンくんに素敵なシッポを作ってくれるようになったのだコロンくんはウェルシュ・コーギー・ペンブロークという種類のワンコ。イギリスで牧羊犬として使われていたので、牛などにシッポを踏まれないよう小さい頃にシッポを切ってしまうのだ。元々シッポが無くて生まれる子もいるようだけど、コロンくんはどうだったのか分からないのだ。今回は毛も長かったからか、今までで1番大きなシッポを作ってくれたみたい。シッポといってもピヨーンと長い棒状のものではなく、丸いボール型のシッポ。ほぼ丸刈り状態の体には不釣り合いの、まあるい毛玉のようなシッポがアンバランスでおもしろおかしいのだ
さっぱり超サマーカットコロンくんはこの時季限定。おいらの宿坊にお越しの際は、コロンくんとシッポもぜひ見ていってほしいのだ

   毛玉にせシッポ   「暑いのは嫌いなのだよ。」byダメいぬコロン
※この前、初めてコーギーのMIXを見たのだ。パピヨンとコーギーのMIXだったけどそれぞれの特徴が体に出ていて、これまたかわいいワンコだったのだ
  • -
  • -