Menu
今回は、思いっきり親バカブログですのでご勘弁下さい。あっ、いつもそうか・・。おもて順です
皆さんにはどうでもいい事ですが、おいらにとっては暑さを忘れさせるほどうれしい出来事だったので、ちょっぴりご報告をさせて頂きます
それは、昨日の夜の事。おいら達家族は夕飯を終え、後片付けをしていました。いつもの流れで、後片付けのすきに愛妻は先にお風呂を済ませ、おいらと愛娘モンちゃんがお風呂に入れるよう支度をしてくれますおいらはこの日もほろ酔い加減で、ナベやフタで遊ぶモンちゃんをからかいつつ、食器を洗ったり片付けたりしていました。モンちゃんはゴキゲンな時には、一人でナベや急須、調味料を運んだりして、慌ただしく台所を動き回っています。今は1歳と1ケ月が過ぎ、どこでも走って行ってしまうのでなかなか目が離せません最近では言葉らしきものも少しずつしゃべるようになってきました。「バイバ~イ。」「い~よ~。」「これ~。」とか、おばあちゃんを「ばあば。」と呼んだり、ダメいぬコロンくんを見ると「コ~、コ~と呼んだりして、何となく区別が出来ているみたい。この日は特別暑い日だったので、みんなが言っていたのを覚えたのか、「アッチ~ヨ~、アッチ~ヨ~。」と言うのでみんなで爆笑してしまいました
さて、そろそろ片付けも終わりお風呂に向かおうかという時、モンちゃんとおいらの目が合いました。その時でした。モンちゃんが突然「とーちゃんと言うじゃありませんか。一瞬耳を疑ったおいらですが、立て続けに「とーちゃん、とーちゃん、とーちゃん。」と確かにおいらを見ながら3回しゃべったのでしたおいらはうれしくなって、モンちゃんを抱きかかえると、しばらくぎゅーっと抱きしめていたのでした。ニコニコしているモンちゃんを見ながら、その場にいたおふくろも「すごい、すごい。とーちゃんって言えたね~。」とうれしそうにおいら達を見ていたのでした覚えやすそうだけど、おいらは「パパ」なんて柄でもないので「とーちゃん」でいこうと、普段から「とーちゃんはねぇ~。」と言い聞かせていたのでした。
おいらはモンちゃんが生まれた時以来の感動に、思わず目頭が熱くなってしまいましたもちろんモンちゃんが誕生して以来、まがりなりにも父親になれたのですが、我が子から初めて「とーちゃん。」と呼ばれると、あらためて「あっ、俺父親なんだなぁ。」と強く実感したのでした世の中では、よく「立場や役職がその人を作る。」とか、「教える立場にある人は、実は教えられている。」とか言われます。おいらもこれまでの人生経験の中で、そうした言葉をわずかながら実感した時がありました。今回の出来事で、ますます父親としての責任を強く感じ、「頑張らねばと思いを新たにしたおもて順です。

     必殺技 微笑み殺しを仕掛けるモンちゃん   ヤンキー座りで挑発するモンちゃん
※こんなお言葉もあるようです。
「子供を教育するばかりが親の義務ではなくて、子供に教育されることもまた親の義務かもしれないのである。」
 物理学者・随筆家 寺田寅彦「猫の穴掘り」より
  • -
  • -