Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
風邪に翻弄されている我が家なのだ愛妻にうつった風邪は、予想通り愛娘モンちゃんへとうつってしまったのだ。念のため病院へ行き、たいした事はなさそうなので良かったけれど、涙目鼻水モンちゃんを見ているとやっぱり心配早く暖かい春が来るのを願って止まないうら順なのだ
もう2年前だけれど、おいらのお寺の裏山に紅しだれ桜を植樹したお話をしたのだ。その時、しだれ桜のオーナーさんを募集して、みんなでオーナーになると言う事でイチロー選手の背番号にちなんで51本の桜を植える事ができたのだ。今では身延のエリア51と秘かに呼ばれているのだ。すいません。冗談です。桜を植えてくれる親方のご好意で1本おまけで頂いたら、偶然51本になっただけだったりしてうれしい事に、少しだけれど桜はその年から桜は見事に開花苗木が食べられないようシカさん除けのネットにも守られ、順調に大きくなっているのだ。
志摩房のホームページにもオーナーさんのお名前をご披露し、ご報告と募集を今も続けているのだ。ちょっと前にそれを見たという方から、桜を植えたいというお申し込みがあったのだ。こちらはお亡くなりになったご家族のご供養の為に、植えたいとの事だったのだちょうどこの時、おいらも桜を植えたいと思っていたところ。おいらは愛妻とおふくろと、モンちゃんの誕生を記念して、誕生木を植樹したいと思っていたのだ。あまり少ない本数だと植樹してくれる業者さんに悪いので、1本でも多いといいなと思っていたので、まさにグッドタイミング。
実はおいらが生まれた時にも、誕生記念に桜を植えてくれていたのだ正面玄関に向かって右前にあった木は毎年きれいに咲いていたのだ。けれど残念ながら、おいらのいたずら小僧、悪行三昧がたたってか小学校低学年頃に病気で枯れてしまったのだ。そんな事もあって、リベンジじゃないけれど、おいらの子供が生まれたら桜を記念に植えてあげようとかねてから考えていたのだ
今回もいつもの植樹をお願いしている親方にお願いをすると、うれしい返事が返ってきたのだ。親方曰く「前よりもちょっと大き目の桜しかないけどいいかね。値もちょっと張りますがね。うっしっしとの事。金額を聞くとさほどでもなかったので、おいらは逆に願ったり叶ったり。少しでも大きい方が、花も早くたくさん楽しめるので、二つ返事でお願いしたのだ。
   植える前の記念樹  植えられた記念樹 (1)
植樹の前に親方と植える場所を決めるので、裏山をウロウロしたのだ。さすがに前回の植樹でほぼ全域を埋め尽くした観があるので、少し迷ったけれど何とか4箇所の場所を決めたのだ。親方は本職の山師なので、おいらは全ておまかせ。おいらと違ってなんともワイルドな頼りがいを感じるのだ植樹当日、親方は朝4時に苗木を受け取りに行き、8時前にはおいらのお寺に来て作業を開始したのだ。思ったよりも大きなトラックで運ばれてきた紅しだれ桜は枝ぶりもよく、4本が積まれた荷台は結構いっぱいな感じ。大人4人がかりで裏山へと運ばれたのだ。いざ植えてみると親方の言葉通り前に植えたものよりもひとまわり大きかったのだ。これならば、今年の春にはひょっとすると結構花も咲くかも。またまた、お花見でお酒がすすんでしまいそうなのだ
これで裏山に植えられた紅しだれ桜は合計55本になったのだ。前回はイチロー選手の背番号だったけど、今回も図らずもゴジラマツイ選手の番号になったのだ何だかメジャーリーグにご縁がある数字続きなのだ。ひょっとしたら将来モンちゃんもメジャーリーガーの奥さんになってりして5月22日には東京スカイツリーがいよいよオープンするみたい。高さでははるかに叶わないけれど、モンちゃんの誕生記念樹も負けないようにモンちゃんとともにグングン大きくなっていってほしいのだ20年後位にはしだれ桜の新たな名所として大勢の人に桜を愛でてもらえるとうれしいのだ。もしもテレビなんかで取材されたら、紹介する言葉も決まっているのだ。「こちらは東京スカイツリーが完成したちょっと前に植えられた、皆さんの夢や希望、ご先祖様への感謝の気持ちを込めたミノブメモリアルツリーです。55本ですが松井選手とは関係ありませんとか言っちゃうつもり。多分モンちゃんと愛妻に「恥ずかしいからやめてちょうだい。プンプンプ~ンとか言われて言えないんだろうけど・・・。

シカよけ柵の杭を打ち込み中の職人さん ベランダから植樹を見守るダメいぬコロン シカよけネットを張る親方と職人さん
※今回は桜に付ける、ネームプレートも作成中なのだ。もしも、今度ご希望のお客さんには実費になるので一応ご報告まで
  • -
  • -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。