Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
合掌
新年明けましておめでとうございます。おもて順ですみなみなさま、本年もよろしくお願い申し上げます
大みそかは良い子の小学生並に夜9時に就寝しました。と言うのも、今朝のおいらの出勤は朝4時発の身延山ロープウェイ。お泊りのお客さんの送迎もあったので、3時には起床となりました。例年よりも若干早めの出勤となったのには訳が。今年は初日の出を拝むツアーのお客さんの予約が多いので営業時間が早まったとの事でした。久遠寺境内を初参りをしながらロープウェイの駅に着くと、そこにはすでに大勢の行列が出来ていました駐車場を見ると、大型バスが何台も停まっています。近年では身延山から拝む初日の出も有名になってきたので、一般の方だけではなくツアーの方も増えているようです。
この身延山山頂には意外と皆さんが、ご存知ない事があります。それは、日本一の高い山富士山を望める事はもちろんなんですが、日本で二番目に高い山も見る事ができるのですその山とは北岳(きただけ)。標高は3193mで、山梨県の南アルプス市に位置します。身延山山頂からは富士山とは反対側に見えます。北側の展望台からよく見えるのですが、天気が良ければ甲府盆地やお隣の七面山南アルプス連峰の山並み、八ヶ岳までも望む事が出来るのでまさに絶景。ですが、残念ながらその山並みの中に北岳も一緒に見えるので、それが日本で2番目に高い山と気付かずに帰ってしまう方も多いようです夏から秋にかけては少し分かりにくいのですが、冬が近付き雪が降り始めると徐々に分かりやすくなって行きます。先ずは富士山が雪化粧を始め、ほぼ順番通りに次に北岳の山頂が白くなって行くのが分かるからです。おいらは、富士山と北岳に雪が積もり始めると、いつも本格的な冬の到来を実感します
   まるの中が北岳&オイッコ1号・2号   初日の出を拝んだ参拝者の皆さん

さて、今年の元旦もお山のゆかいな仲間を代表して、身延山からの初日の出を記録すべくデジカメ片手にフラリと南側展望台に行ってきました。いつも通り多くのお客さんが、初日の出を今か今かと待ちわびていました。いつも午前7時位に拝めるので、ぎりぎりになって行くとすでに出ているような、出ていないような感じです富士山も見えるのですが、今年は雲が多く肝心の初日の出が上がりそうな所に雲がかかっていて、太陽の輪郭がはっきり分かりません。おいらの隣にいた大学生風な3人組も、「あれ~、出たっすか?」「まじハッキリしねぇ。」「まぁ、出たという事で・・・。」などとちょっとイラつきぎみしばらくすると、相変わらずぼやけ気味なものの日が差し始め、何とか初日の出を拝む事が出来ましたちょっとスッキリしませんでしたが、初日の出に世界平和と日本国の復興、安泰をお祈りしその場を後にしました。帰りがけに、今までお知らせしたくて仕方がなかった情報をお伝えすべく、周りのお客さんに「反対側に行くと日本で2番目に高い山も見えるんですよ~マジです。見ないと損ですよ~。オボウサン、ウソイワナーイと、大声で叫んでみました・・・。すいません。冗談です。皆さんにお伝えしたかったものの、そんな勇気もなく帰り道にこっそり北岳の姿も拝んで、「あれ、日本で2番目に高い山です。皆さんご存知ないですよね。」と心の中で呟きながら寺務所へと戻ったのでした。
本年はみなさまにとってより良き年になりますよう、身延山より謹んで祈念申し上げます
再合掌 九拝

      身延山奥之院から望む平成24年初日の出
※前回お知らせの通り、三が日中の午前10時半と午後2時位から、おいらがお勤めする身延山奥之院ではモチつき大会を行います。どうぞ、お参りがてらお越し下さいませ
  • -
  • -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。