Menu
早いもので今年もお隣のお山、七面山で9月18・19日と例大祭が行われたので行ってきました。おもて順です七面山と大祭の事は、昨年もお話させて頂いているので、詳しくはこちらをご覧下さい。『七面山敬慎院大祭』
例年、七面山大祭の前日はおいらの宿坊にも大祭で登詣される為に、まず身延山に前泊されるお客さんがおられます。今回は2名のお客さんが登られるという事で、当日の朝8時に、おいらの車で登山口までご一緒に行きました。お一方は北海道から、もうお一方は九州からわざわざお越しを頂きました身延山や七面山には普段から全国、また海外からも多くの皆様にお越しを頂いており、ありがたい限りです
途中、先般の台風12号の影響でがけ崩れの為、道路が片側通行になっていたり、さらに参道近くのお山の職員用駐車場では20台ほどの車が土砂にのまれ、まだ手つかずといった状態でありました。ですが、懸命の復旧作業により何とか参道登り口までの道路は開通し、大祭にはいつも通り、多くの参拝者が訪れ、すでに登り始めておりました。
土砂で埋まってしまった車_convert_20110919140143  まだ2番手を行くゴールド先輩と後方 Mr.MJ大先輩  七面山参道から見た身延山山頂
先にお客さんを降ろし登って頂き、おいらは車を止めに向かいました。すると、以前にブログで登場して頂いた、ゆかいな仲間の先輩、ゴールド先輩とMr.M・J大先輩に遭遇おいらはお二人と参道を登り始めました。いざ登り始めると、3人の間でも徐々に登るペースが違って来ます。おいらは、割とトコトコと登って行くので、先輩方よりも先に進んでしまいます。順番的に年齢順で差が付くかと思いきや、2番手にはMr.MJ大先輩が続きます。息切れ気味のゴールド先輩とは裏腹に大先輩はお元気そう。両手にストックを付いて、精密機械のように安定したペースで登ってきます。その姿はまるで、スターウォーズの4足歩行する戦車、AT-ATのようで素敵でありました。
参道の途中には4つの坊があり休憩する事ができます。各坊をご家族の方がお守りされ、参拝のお客さんに飲み物や、草団子、おでんやトコロテンなどの名物を提供してくれます最近はおいらは年に1度しか登る事もないので、1年ぶりに各坊の皆さんのお顔を拝見すると懐かしい気持ちになります。ある坊では七面山にお勤めする、ゆかいな仲間のゆうちんの話を聞いてビックリ「ゆうちんは、上り下りとも40分なのですよ。最近、天狗が山の中を飛んでいるのを見たっていう人が後を絶たないのですよ。ゆうちんはきっと、天狗ですよ。間違いない。」と、力説していたのでした。おいらも、「彼ならば40分所か30分は切るでしょう。私も彼が本当は天狗なのは知っていましたと答え、その場を後にしました。
敬慎院に着く頃にはまた先輩方とも差が開き、おいらは一足先に到着しました。時計はまだ、お昼の12時前。持参したサンドイッチでさくっとお昼を済ませ、昨年もお参りした七面山の二ノ池とご神木、七面山の奥之院に向かいました。おいらは昨年、そちらの3ヵ所と敬慎院であるお願い事をしました。それは、愛妻とおいらに授かったモンちゃんの健康と愛妻の安産です今年はお願いを無事に叶えて下さったので、そのお礼参りもかねての登詣でありました。二ノ池とご神木では誰とも会わず、霊気に満ちた池のほとりと、苔むした森の中にそびえるご神木の前で、御礼のお経をあげる事が出来て、とても気持ちの良いお参りをする事が出来ました
七面山本殿  二ノ池  七面山奥之院
今回の大祭は3連休の中日という事もあって、お泊りの方は700名近かったようです。夜の大祭のお経も、お堂に入り切れず、外の廊下まで参拝者で埋まっていました。日蓮宗独自のよく効く特別なご祈祷を行うお坊さんも、45名の参加となり、かつてない大迫力の特別加持祈祷も行われました。
前日までは身延町や七面山でも大雨が降っており、当日の天気が心配されていました。しかし、いざふたを開ければ当日は朝からウソのような晴天。晴天はそのまま今朝まで続き、富士山の眺め、また富士山の脇から昇るご来光も素晴らしいの一言でありました今夜からはまたまた、雨模様の天気予報。七面大明神のご加護か、ピンポイントで晴天となった今年の大祭は思い出深いお参りとなりました。
今年はおいらは朝のお経の後、ご来光を5時40分に拝み、そのまま下山。1時間程で麓に着き、我が家で朝シャンとブレックファーストを済ませ、いつも通り定時に身延山奥之院に出勤するという離れ業をきめてみましたお山を出発する前に、ゆかいな仲間のゆうちんにコブラツイストをかけられ、あやうく天狗の餌食になりそうでしたが、なんとか無事に下山する事が出来ました。

七面山御神木  夕方の赤富士  人の姿に変身中ののゆうちん
※お彼岸のお中日前後は、七面山からは富士山の山頂ど真ん中からのご来光を眺める事ができますよ。いつかチャレンジして下さいね。
  • -
  • -