Menu
昨日の夜は、突如凄まじい雷雨となったのだうら順なのだダメいぬコロンはビビりまくって、ベランダの片すみで丸くなり岩のように固まっていたのだ。いつもなら、どこか逃げ場所を探してウロウロしたり、勝手に家の中に侵入して来てしまうのだけど、そんな事も出来ない位怖かったみたい。
前々から予想されていた事なんだけど、どうも最近コロンくんはすねいぬになっているようなのだ愛娘モンチャンが愛妻のお腹の中にいた頃から、「モンチャンが生まれたら、コロンはきっとかまってもらえなくなって嫉妬しちゃうねとおいら達を始め、色んな人に言われていたのだ。
皆さんの予想が見事に的中したのか、モンチャンが我が家にやって来てからというもの、コロンくんはどうも態度がよそよそしいのだ。モンチャンがどうしても最優先になってしまい、今までみんながコロンくんに声をかけてくれていたのが、モンチャンにみんなの関心が集まるようになったのださらに運悪く、ちょうどお泊まりのお客さんが続くシーズンとも重なって、コロンくんのお散歩も出来ない日もあったりしたのだ。そんな日々が続いたので、どうやらコロンくんはすねてしまったようなのだ。お散歩に行けない時はお寺の境内に解放してあげるのだけど、勝手に玄関の扉を開けては「もういいっす。かまわないで下さい。適当にやってますんで。」と、出たり入ったりしているのだ。玄関は涼しいからコロンくんは入ってくるのだけど、どうしても毛が抜けるのでおいらは中から出そうとするのだ。すると、「だから放っておいてくれよといいたげに動こうとせず、おいらにされるがままにズリズリと引きずり出されているのだ。
     すねいぬ     ふて寝いぬ
愛妻がモンチャンを妊娠していた時は、お友達の霊感先生R女史によれば、「コロンくんは妹分が出来てはりきっているぞよと言われていたのだ。前にお話ししたけれど、コロンくんは意識レベルというか、霊性が高いワンコらしいので「おう、そうかそうかコロンくんも喜んでくれているか。宜しく頼むよ。」とジャーキーをあげたりしていたのだ。まあ、今でもその気持ちは変わってないだろうけど、ちょっぴり難しい時期なのだ。まだ、モンチャンは外にお散歩にも行けないし、ベビーカーにも乗せてないのだ。なので、コロンくんには「ほれほれ、モンチャンですよ。よろしくね~とコロンくんに姿を見せてあげているだけ。でも、もう少ししたらモンチャンをベビーカーに乗せて、コロンくんも一緒にお散歩をしようと思っているのだモンチャンがもっと大きくなって歩けるようになったら、コロンくんとも遊んでほしいのだ。おいらは愛妻に内緒でその内、コロンくんに手綱を付けて乗馬風にモンチャンを乗せて、記念撮影をしてやろうと密かに計画を立てているのだ
「コロンくんよ、もう少しだけ待っててね。これからモンチャンと一緒にいっぱい遊んでね。」と愛妻と声をかけている、今日この頃なのだ。

     「ほっといてくれ給え。」byダメいぬコロン     モンチャンと本堂でお参り後のおもて順
※写真をアップする事ができました。アップ前に文章だけご覧になった方、失礼をしました。愛妻はかつて社内報などを担当していたので、その経験から今回本格的なデジカメを購入。なので、写真の容量が単にバカでかかっただけでありました
  • -
  • -