Menu
我が子を授かり、ますますお酒がおいしくなってしまい困っているうら順なのだ
我が子の為に、節酒を心がけねばと思いつつ、写真を見るとまたまたお酒がおいしくなってしまうのだ
噂話はいつの世でも人の好奇心をくすぐるのだ。特に娯楽の少ない田舎に行くほど、その傾向は強いみたい。今でこそメディアや通信手段が発達したから、そうでもないかもしれないけれど、未だに噂というものが無くなる事はないのだ。
おいらの住む地元でも大なり小なり噂は流れる事がもちろんあるのだおいらが主役になった事も何度かあったけ。それは今から10年ほど前の事。おいらが住職になって2年ほど過ぎた頃、ふいにある訪問者がおいらのもとに現れたのだ。「こんにちわ~。」と声がしたので、おいらが行くとそこにはスーツ姿の太めのおじさんが立っていたのだ年は40代半ばといったところ。太っちょおじさんはおいらの顔を見ると開口一番、「ご住職さんですかおめでとうございます。この度ご結婚されるそうで。」と言ってきたのだ。当時、おいらは独身でお付き合いしてる人もなく、ぶしつけなおじさんの言葉に「は一体、おじさんは何なのですかと数秒の間、無言、無表情でおじさんの顔を見つめてしまったのだ。おいらの顔を見てお困りの様子なおじさん。「え何の事ですかとおいらが言うと、ますますお困りな様子のおじさん。おじさんはあわてて名刺を出すと、どうやら結婚式場のセールスマンだったのだ。どこからか、近々おいらが結婚するという話を聞いたらしく、やってきたとの事。おいらが「結婚する予定は全くありません。えっ?お坊さんは結婚していいんですか?いい事聞いちゃった。ありがとうと言うと、とても残念そうに帰って行ったのだ。おじさんの話では、ほぼ確実な話として聞いてきたようで、かなりのあせりっぷりだったのだ
最近もある衝撃的な噂を耳にしたのだ。それは、おいらが愛妻に三行半(みくだりはん)を突き付けられたというものある女の人が来た時に、おいらに気まずそうに聞いてきたのだ。「あら~、こんな事聞いてごめんあそばせぇ~。ちょっとね、聞いたんだけど、若奥様ご実家に帰っちゃったんだって~本当でございますのと耳元でぼそぼそっと囁いたのだ。すかさずおいらが、「あ、帰りました。」と言うと驚いた顔をしたので、追い打ちをかけるように「子供が生まれるもんで・・・。てへっと言うと、さらに驚いたようだったのだ。まあ、何を期待していたか知らないけれど、なかなかの興味津津、驚きっぷりの良いお顔だったのだ。
愛妻は出産を控えていたので、1ヶ月以上前に大事をとって実家に帰っていたのだ。日頃はお客様をお出迎えに行ったり、ダメいぬコロンを連れて、よくお散歩に出かけていたのだでも、実家に帰ってからは急に姿を見かけなくなって、おいらがコロンくんの散歩に出るようになったので、どこからかおいらが愛妻に三行半をもらい悲しみに浸っている的な噂が流れたみたい。人の噂はあいかわらず怖いのだおいらの経験上、良い噂はなかなか広まらないけれど、悪い噂はすぐに広まる気がするのだ。三下り半の噂を聞かれた方、おいらはまだ今の所、愛妻から三行半を頂いておりませんので、ご承知置き下さいませ
何とか、かすがいの子宝も授かったので、これからも三行半の宣告を受けないように、良い子にして育児と家事のお手伝いをしていくのだ

  愛娘モンチャンを愛でるうら順  愛娘モンチャンを抱っこする愛妻  おまけ・奥之院に参拝に来た友達犬のレオンくん5歳
※友達犬のレオンくんは身延山ロープウェイの職員さんの愛犬。ポメラニアンとチワワのMIXでまるでぬいぐるみみたい。コロンくんも負ける位、超愛くるしいのだ


  • -
  • -