Menu
朝4時半に起きたら眠いのだ。というか、午前2時半位に目が覚めて、そのまま眠れずに起床を迎えたのであまり寝ていないのだ。頭がボーっとしているうら順なのだ
ダメいぬコロンはどんなに朝早くても、おいらが出かけるのを察知すると、ハウスからサササーっと出て来るのだそして、おいらの行く手を遮り、「コラ~、コラ~どこに行く~。俺も連れてってくれ~と言わんばかりに猛烈に吠えるのだ。おいらが、車で立ち去るまでコロンくんは、2階のベランダの隙間から顔を出して吠え続けるのだ。きっと寂しくて吠えるのだろうからカワイイのだけれど、日に何度も繰り返されると、バカデカでしかも良く通るコロンくんの声は、ご近所には甚だ迷惑だろうなといつも申し訳なく思っているのだ
ここ何日か、おいらや愛妻が留守にしたり雨が降ったりして、夕方いつも行くコロンくんのお散歩に行けてなかったのだ。昨日、久しぶりでコロンくんを散歩に連れて行こうと、とりあえず境内に解き放つと、いつもよりもキレのあるスタートダッシュでベランダから境内へ向かって駆け下っていったのだ。全速力で庭を行ったり来たりしては、時たま思い出したようにこっそりマーキングしたりしていたのだ
まあ、お散歩前の行動はいつもこんな感じなのだけど、ここからがおもしろいのだ。コロンくんはお散歩用のリードを手にすると、これからお散歩に行けると分かるらしく、超興奮モードに突入するのだその場で、ピヨ~ン、ピヨ~ンと飛び跳ねて、「もう、もう我慢できないよ。早く行こうぜ。」と催促をするのだ。おもしろいので見ていると、次はお散歩おねだり攻撃が始まるのだ。飛び跳ねて前足でパンチをお見舞いしてくるのだ。コロンくんは17キロ位はあるので、体重を乗せたパンチは結構な威力があるのだ前には愛妻がこのパンチをくらいズデデーンとひっくり返され、笑ってしまったのだ。散々じらして、ようやくリードを装着。ここで油断してリードを放すとコロンくんはリードを咥えてしまうのだ。そして、そのまま勝手に1人散歩を始めてしまうのだ。この頃には、もう気持ちは散歩に行ってるらしく「ガルルー、ガウウー。」と興奮も最高潮で、リードを取り返すのが一苦労なのだ。
     「お花も嫌いじゃないのだよ。」byダメいぬコロン   家庭菜園の捨て白菜を盗み食いするダメいぬコロン・スクープby愛妻
こんな具合で毎回散歩に出掛けるのだけど、散歩が始まるとゴキゲンでスタスタと歩いて行くのだコロンくんにもお気に入りのコースがあるらしく、気に入らない方向だとしゃがんで行こうとしないのだ。コロンくんはやはり甘えん坊らしく、人混みがある門前町の商店街にいつも行きたがるのだ。商店街には犬好きのおばちゃんやおじさんがいて、姿を見付けるとコロンくんはうれしそうに頭を下げて、「今日も来たよ。一ついつものやつをやってくれい。」とすり寄って行くのだ。すると、おばちゃん達はコロンくんの体を撫で回し、コロンくんは至福の表情を浮かべているのだ
結構前のブログで、コロンくんは意識レベルの高い犬らしいというお話をしたのだ。だからなのか、のほほん僧侶のおいらには分からないけれど、確かにお散歩一つとってもとても感情表現が豊かなのだ。エサが足りなかったり、不満があるとベランダのサンダルを片方咥えて走り去ったり、キューキュー音の出るボールを咥えて音を鳴らしてアピールしたり。朝のお経に参列したりと。色んな場面で様々な形でアピールをして来るのだ。お散歩に行けない時は、境内を閉め切って放してあげるから、境内裏山独り占め状態なのだけど、イマイチ不満そう。「何だよ~。今日は散歩行かないのかよ~と不満げにおいらを見つめるのだ。例えリードに繋がれていても、一緒に外に行きたいようなのだ。
愛妻の冷たい視線も怖いけど、コロンくんの物言わぬ視線も超クールコロンくんが不機嫌犬に変身しないよう、おいらと愛妻の運動不足解消も兼ねて、今日もお散歩に出掛けるのだ。
     不機嫌犬     お経に参列する時はこんな感じ          
※コロンくんは毛が伸びてモサモサして来ると決まって「また太ったねぇ~と言われるのだ。でも、体重は全然変わってないのだ。
  • -
  • -