Menu
参りました。おもて順です。
それは、突然やってきました。うちのお寺には、本堂脇の裏庭に池があり鯉と金魚が泳いでいます。大きさは20m×4m程でしょうか。
ある朝、朝のお経をあげようと本堂に向かうと、信じられない光景が
何と、池の中央の岩の上に、グレーの怪鳥がいるではありませんか。私の姿に気づくと大きな2m程の羽を広げ飛び立って行きました。しかも、本堂の屋根に大量のフンを落として
調べてみると、怪鳥の正体は川などによくいるサギのようでした。その姿は、鶴のようなトキのような姿でしょうか。近所の方の話を聞くと、この辺りのお寺の池に現れては鯉や金魚を食い荒らしているとの事でした。
うちの池の鯉は、私が10年程前に黒い鯉を4匹買って放したものです。よほど水が合ったのか、今までに何百匹という子供が孵化し今でも子供たちが一緒に泳いでいます。更に、金魚は七面山の聖なる池で駆除したものを、わざわざ1982mの高山から、お山のお坊さん達が苦労され下げて頂いた経緯があります。そんな思い入れのある魚達ですので、サギに対抗すべく私はすぐ行動に出ました。
その日の夕方、私は物置から久々に出した電動エアガンを片手に再び池に向かいました。すると、やはり奴がいました。岩の上から魚を狙っています。私は池を望む客間の前から、奴に狙いを定めました。そして、静かに引き金を引いたのです。タタタタタッ・・・エアガンの連射音が響くと、少しだけ命中したようですサギはあわてて、飛び去って行きました。
さかなハンター サギとスナイパーおもて順の勝負は、私に軍配があがったのでした。
翌朝、ごきげんで朝のお経に向かった私の目に飛び込んできたのは・・・
こりずに、魚を狙っているサギの姿でした。
戦いは、これからもしばらく続きそうです



七面金魚と子だくさん鯉    鯉を狙うダメいぬ   前庭の池と愛妻の鯉
  • -
  • -