Menu
今年初の本格的な雪になりました。おもて順ですおいらのお寺では毎年2月12日に報恩法要と大祭を行います。あいにくの雪が降る中での式となりましたが本年も何とか無事に終える事ができました。御参列の皆様、御奉納等を賜りました皆さまに、まずもって御礼申し上げます
この日は志摩房を開創された中老僧肥前公恵朝阿闍梨日傳上人(ひぜんこう ちゅうろうそう えちょうあじゃり にちでんしょうにん)の祥月命日に当たります。今年はお亡くなりになってから、707年目の報恩法要となりました。また、おいらのおじいちゃんである先々代の住職の頃から、当坊にお祀りする神様である最上さまの大祭を合わせて行っています。
  雪の中、準備をして下さる世話人さん  雪の中、準備をして下さる世話人さん2  準備中の屋台
何年かに1度は大祭で雪に見舞われる年があります。今年は、2月10日まではずーっと雨も雪も降らなかったので、おいらはこの分じゃ今年の大祭は晴天だろうと勝手に思い込んでいました。しかし、1週間ほど前に週間天気予報を見ると、なんと2月11、12日に雪マークが・・・。それでも、まあ1週間あるから変わるかもと気楽に考えていた所、天気予報は大的中11日にはちゃんと雪が降り始めたのでした。
毎年、大祭には東京や静岡など他県からもお参りのお客さんが来られます。しかし雪になると、他県の方は来られない確率がどうしても高くなってしまいます。何より今年は余興で、東京の落語家の柳家喬の字さんを頼んでいたので、もしも柳家さんも来られなくなったらどうしようとビビっておりました。すると、11日の夜に所属の事務所の方からお電話がありました。「雪が心配なので、なるべく朝早く東京を出るよう手配しています。」とおっしゃって事務所の方もかなり心配そうな雰囲気。おいらはダメもとで、「うちは宿坊で泊まる事も出来るので、もし今から出発出来れば、今夜はこちらに泊まって頂いても大丈夫ですよ。」と伝えました。一旦、電話を切るとしばらくして柳家さんから直接お電話がありました。「これから新幹線に乗るので、夜11時半頃には身延に着けますとの事。おいらはホッと胸をなで下ろしたのでした。
柳家さんは夜中の12時位に無事到着。しかし、肝心の12日の大祭に雪の中をどれだけお参りのお客さんに来て頂けるか心配でありました。また、県内の業者さんに焼き鳥とタイ焼の屋台の出店をお願いしており、こちらも大丈夫かなと気がかりな事ばかりで、なかなか寝付けない夜となったのでした。
    報恩法要・大祭のお経の様子    特別祈祷の様子
12日の当日、奇跡の天候回復などという事はなく、しっかりと雪が降り続いていました8時半には20名程の世話人さんが集まって、飾り付けや準備を始めて下さいます。本年は特に寒い中をお手伝い頂き、誠に恐縮でありました。世話人の皆さんに「寒い中すいませ~ん。」と景気づけのお神酒を持っていくと、外にはすでに屋台の業者さんの姿もあって一安心です。お経は11時からですが、9時半には最初のお客さんがみえました。しかも、無理だろうと思っていた浜松方面のお檀家さんです。暖かな土地柄、スタッドレスタイヤなどは使わないそうですが、わざわざこの日の為にタイヤを変えて駆け付けて下さったのでした。おいらの心配をよそにその後も続々、静岡や千葉方面の方が到着されました。残念ながら来られない方も大勢おられましたが、おいらが思っていた以上にお参りの皆さんは集まって下さいました。
法要のお経中、おいらは雪の中を駆け付けて下さった皆さんの想いや、おいらが住職になって11回目となった大祭の事、亡くなった先代住職の親父やお世話になった方の事などが頭の中をよぎり、思わずウルルっとなってしまいました
お経の後は開運グッズの福まきと、お経がたくさんあがったロト6をめぐり大じゃんけん大会が行われます。最上さまは忠実な部下である77の神様を従えておられる事にちなんで、77枚のロト6をじゃんけんで勝った方に差し上げています。今まで、最上さまにこっそり御礼に来られた方もいないので残念ながら当選した方はまだいないのかしらそれとも最上さまの御利益でおいらの知らない所で何人も億万長者が誕生してたりして柳家さんの落語も盛況のようでありました。この柳家さん、間が良いのか悪いのか最後の世話人さんへの御礼の宴席に「これから帰ります。」と挨拶に来て下さいました。するとここが運の尽きか、お酒が入って勢いの良くなった世話人さん達につかまってしまいました。見ていると冷や酒をガンガンつがれていますが、さすがは落語家さん。イメージ通りクイクイと飲み干していきます。さんざんからかわれたあげく、最後は若い衆の2次会にまで連れて行かれたのでした。果たして無事に帰る事が出来たのでしょうか
心配しまくりな本年の報恩法要・大祭でしたが、いざふたを開けてみれば思いのほか賑やかなものとなりました。例年になく皆さんにもゆっくりと祝宴も楽しんで頂き、おいらを始め、愛妻、おふくろも喜んでおりました。
この日の晩のビールはことのほかおいしく、ついついまた飲みすぎてしまったのでした

     ロト6争奪大じゃんけん大会・じゃんけんを手伝ってくれるコーチー     柳家喬の字さんによる開運招福落語  
※おいらのブログに何回か登場している、プリーストタイガーくんも毎年お手伝いに来てくれます。御礼にまたまた良縁成就を祈願しました。果たして今年は願いが通じるのか。こうご期待
  • -
  • -