Menu
久しぶりで肉体労働をしたら、今朝から体中がきしみ始めたのだ。ガタガタなうら順なのだ
3日間団体さんが続いて早起きをしていたら、いつもの事だけど寝不足モードに入っていたのだ。だから、お客さんがなかったその日の晩はなまけ心が芽生えて、「明日の朝は寝坊し~っちゃおと思いながら眠りについたのだ。
翌朝、我が家のダメいぬコロンがけたたましく吠える声で目が覚めたのだいつもはサルやシカ、新聞屋さんのバイクの音に反応して吠えるけど、しばらくすると鳴き止むので「うるさいなぁ。ダメいぬめぇ~と思いつつもベッドの中でウトウトしていたのだ。しかしその日は、一向に鳴き止まないダメいぬコロン。時計を見ると、まだ6時。よく聞いてみると、カラスや他の生き物の声も聞こえて来たのだ。あまりのうるささにがまん出来なくなったおいらは、様子を見に行ったのだ。窓を開けると、裏庭の山に続く斜面に向かってコロンくんが吠えていたのだ。よ~く見るとコロンくんの吠えている先に何か「キーッキューッと甲高い声で鳴きながらうごめく物が。最初それはネコか子犬のように見えたのだ。でも、しばらくすると山の上の斜面にあるツツジの植え込みの下から、もっと大きな生き物が現れたのだ。大きさは小型犬位。どうやらそれは、アナグマのようだったのだ。実はコイツは前に一度だけ、おいらが境内をすたすた歩いているのを目撃した事があるのだ。愛妻も夜中に見たと言っていたので、おそらく同じやつだと思うのだ。察するに斜面の下にアナグマさんの子供が落ちてしまったみたい。そこをコロンくんが見付けたらしく、ずっと吠えていたのだ子供たちはコロンくんが吠えているので怖くて動けないようだったのだ。幸いな事に、コロンくんがいる所とアナグマさんの子供達がいる所の間にはコンクリートの段差があって、コロンくんには上る事ができなかったのだ。ダメいぬコロンは好戦的武闘派犬なので、もしも段差がなかったら大変な事になっていたかもしれないのだしかし、事態はますます混乱するばかり。木の上ではいつしか集まってきたカラス達がアナグマさんの子供を狙っているようで「カー。カー食べちまうカー。」と威嚇し、子アナグマさん達は「怖いよキュー!助けてキュー!!」と泣き喚き、ダメ犬コロンは「俺の縄張りで何しとんじゃいガルルー。」と吠えまくり、朝から大騒ぎになってしまったのだ
アナグマさんの子供には悪いけれど、なかなかお目にかかれないので、おいらは愛妻を呼んで一緒に見る事にしたのだ。二人で見ていると、親アナグマさんがコロンくんが近寄れない事に気付いたのか、子供の所にサササーッと救出行ったのだ。すると、親アナグマの後に続いて山の斜面を懸命に登り始めたのだ。親と一匹の子供が先に見えなくなる所まで登って行ったのだけど、もう一匹がもたもたとしていたのだ。すると、親アナグマさんは再び戻り、我が子をくわえて山を登って行ったのだ。「あ~一安心。良かった良かったと思った瞬間、斜面の崖のようになっている所を踏み外したのか、また1匹の子供アナグマさんが「ドスン。」と下に落ちて来たのだ。再び、猛烈に鳴きはじめる子供アナグマさんとダメいぬコロン。「こりゃダメだ。まだおさまりそうにないな。」と思ったおいらはコロンくんの所に向かったのだ。そこに行くと、不思議な事に子供アナグマさんが親と勘違いでもしてるのか、おいらに近寄ってきたのだ。顔にはグレーの体毛で顔の真ん中に白いストライプが入っているのだ見た目は顔の細い子犬みたいでとってもキュート。「すげ~カワイイよと窓から見ている愛妻に言うと「連れて来ちゃえば。」と返事が。でもおいらは「コロンがいなくなれば、きっとすぐに親が来て連れてくよな。」と思い、とりあえずコロンくんをその場から離れさせたのだ。部屋に戻ると、「大丈夫かなぁ。私なら連れて来ちゃうけどなぁ。カラスに食べられちゃうよ~と愛妻が言うので、「大丈夫だよ。ちゃんと親が迎えに来るよ。」と愛妻を安心させたのだ。愛妻だったら多分、本当に連れてきてしまう所なのだ。なぜなら、前にも「近所で子ネコが道路にいたの。」と言ってネコの子供を連れて来てしまったのだこの時は、子ネコが車のダッシュボードの隙間に入り込んでしまい大変だったのだ。しかもその子ネコは近所の家で飼われているネコの子供かもしれなかったので、そっと後で返してきたのだ。
すっかり目が覚めてしまったおいらは寝坊もできず、結局いつもどおりの時間で朝のお経をする事にしたのだお経を終えて部屋の窓から子アナグマさんのいた場所を見ると、もう姿はなかったのだ。コロンくんを連れ戻した後はカラスも近寄らずにいたので、おそらく親アナグマさんと山に帰って行ったと思うのだ。不満げなコロンくんに「アナグマさんに近寄れなくて良かったのだよ。怖い病気も持ってるかもしれないしねとなだめたうら順でありました。

アナグマさんの親はこんな感じ  アナグマさん騒動の現場・丸の辺りがいた場所  アナグマ探索犬
※ネットで調べてみると、やっぱりアナグマだったのだ。かわいいけれど、おいらのお寺の山で増えちゃったらどうしよう・・・。もう懲りて、当分来ないとは思うけど。
  • -
  • -