Menu

ビックリしたのだ。だってもう夏が来たかと思ったのだ。昨日の気温は23度もあったのだ。突如、ビール旨み指数が急上昇してうれしくなってしまったうら順なのだ毎年ご報告しているけれど、今年もおいらのお寺の報恩法要&さいじょうさま大祭が無事に終わったのだこれは、おいらがお預かりしている志摩房を開かれた日傳上人(にちでん上人)の祥月命日に合わせ、日傳上人とさらに志摩房のご守護神である最上位経王大菩薩(さいじょ...

  • -
  • -

指が治ったと思ったら突然、緊急の案件やら雑務やらが怒涛の如く押し寄せてきてしまったのだ。毎度言い訳がましくて申し訳ないんだけれど、かなり久しぶりの更新となってしまったのだ。ようやく時間を割いてキーボードの前に座ったうら順なのだなんでこんなに忙しいんだろう。来月中頃までこんな調子が続きそうなのださて、おいらのブログにはグルメのカテゴリがあるのだ。我がふるさと身延は田舎なので飲食店こそ少ないけれど、デ...

  • -
  • -

秋と春の彼岸(ひがん・ほとけさまの世界)とは此岸(しがん・我々普通の人間世界)から彼岸へと向かうための修行の期間であります。忙しすぎて、頭の中身だけすでに彼岸へ旅立ってしまったかのようなおもて順ですさて、もう何度もお伝えしてきましたが、秋のお彼岸前には恒例の七面山敬慎院(しちめんさんけいしんいん)の大祭があります。毎年その様子はブログで報告しているので、どんな所か、どんな行事かはそちらをクリックし...

  • -
  • -

もうダメなのだ。おいらは寒さは強いけど、暑いのは超苦手。季節が反対のオーストラリア辺りに逃げ出したいのだ熱中症寸前のうら順なのだ今回はもう、おつむも蒸発寸前なのでずるっこをして、カテゴリはグルメだけど、お知らせ兼グルメ紹介なのだ。「夏になあ~れば思い出す。はるかなビア、白い泡」あっ、ちょこっとちがうかな暑いのは嫌だけど、暑いと比例しておいしくなるものが。そう、鍋焼きうどんですね。「アホか。余計暑い...

  • -
  • -

食欲の秋、読書の秋など色々あるけれど、ただ今は育児の秋うら順なのだ前回のお話の中で、愛娘モンちゃんがソフトクリームを頂いたお話をしたのだこの所、グルメのカテゴリが追加出来ていなかったので、日頃大世話になっている感謝の気持ちを込めてご紹介をさせて頂くのだ。お店のお名前は『蓮華庵』(れんげあん)さん。お名前だけ聞くとおそばやさんか、隠居中の尼さんなんかが出てきそうな雰囲気なのだ蓮華のいおりとは何とも趣...

  • -
  • -

お勤めしていたお山の残務整理も終わり、ホッとしているのだ。気が抜けて燃え尽き症候群になっちゃったりして。そんな気の緩みに喝を入れる為、あるものを食べに行ってきたうら順なのだそれは何かというと・・・そば「は?そばでどないして喝入れまんねん?」と思われた皆さん、そばはそばでもただのそばではないのだ。それは『辛味そば』というメニュー。こちらを頂くことが出来るのは身延山から車で5分ほどの所にある、『聖人そ...

  • -
  • -

ダメですねぇ。今月は更新怠慢月間になりそうで、おしかりを受けてしまったうら順です「だって、忙しい~んだも~ん」と、言いながらもあまりたいした事もない用事も含まれてるけど。一応そんな多忙の中、おいらに緊急召集がかかり、あるお店に行ってきたので今回はそちらをご紹介するのだ。久しくグルメのカテゴリーも記事を書けなかったのでちょうど良かったかも。先日、前にご紹介した伝説の居酒屋さくらのママだったマキ姉さん...

  • -
  • -

暑くて参りますな。口ぐせで「わしは夏は嫌いじゃ」と毎日言っているうら順なのだ初対面の方にも思わずあいさつ代わりに言ってしまい、怪訝な顔をされてしまったのだスパイスジャンキーのおいらは、毎食ガンガンスパイスを使って食事をしているのだ。人間ドックで「スパイスをうまく使うと、お醤油なども少しでいいので、塩分を控えられますわよ。お分かりですか」と言っていたので、おいらは激しく賛同していたのだ。でも、スパイ...

  • -
  • -

愛娘モンちゃんがこの秋初の風邪をひいてしまったらしく、毎日心配なうら順なのだ一応元気そうなのだけど、鼻水を拭きすぎたせいか鼻の下が赤くなって痛いようで、見ていて可哀そうなのださて、昨日おいらが日中お仕事で外出した帰り、いつも乗せてもらってる身延山ロープウェイの麓の駅でボ~っと出発待ちをしていると美魔女職員のK女史に声をかけられたのだ。「うら順さん、明日ここで月の雫の実演販売がありますよ。ぜひいらし...

  • -
  • -

愛妻と愛娘モンちゃんはしばし、江戸の実家に骨休みにお出かけ中。ちょっぴりさみしくなってきたうら順なのだ先日、急に用事があって甲府方面にお出かけする機会があったのだ。お勤めしている身延山山頂のお堂から慌ただしく降りて来たのでランチもまだ。車を運転しながら時計を見るともう午後1時過ぎ。「いやいや小腹が空いてきましたな。」と思いながら外を見ていると、ある建物が目に入ってきたのだ。その建物とは、おいらが住...

  • -
  • -