Menu

身延山はすっかり桜のシーズンも終わり、すでに緑が鮮やかさを増してきています。今年もお花見を満喫したおもて順です相変わらず、ツアーや団体さんはコロナの影響で少なかったものの、個人のお客様は割とお花見参拝にいらして頂けたかと思います。コロナに気を付けながらも、徐々に日常を取り戻そうという皆様の想いを感じました。そうは言っても、まだまだコロナ禍。やはり行きたくても来ることが叶わなかった皆様の為に、今年も...

  • -
  • -

早くも今年の桜シーズンは終盤戦。しだれ桜は見ごろを終え、今は紅しだれがかろうじてまだ、お花見ができる程度に咲いています。桜吹雪を眺めながら、散りゆく桜に献杯の日々が続くおもて順です前にお伝えした通り、今年は裏山の最上さまの本社まで新たな参道を整備しました。その名も『桜の小路』(さくらのこみち)。案内を掲示していたら、毎日ぽつぽつと参道を登り、桜を楽しんで下さる方が居られました。たまたま通りがかりの...

  • -
  • -

暑さ寒さも彼岸まで。という事で、身延山ではいよいよしだれ桜が開花し始めましたすでにこっそり一人お花見を毎日楽しんでいるおもて順です身延山はしだれ桜が有名ですが、今回はちょっぴり穴場的なお花見をご紹介します。その花とは、ミ・ツ・マ・タ。あまりなじみの無いお花ですが、和紙や紙幣の原料に使われています。このミツマタが身延山内に自生しているのですが、その量がここ最近かなり増えて来ました。その場所というのが...

  • -
  • -

宿坊の改修工事がまだ続く中、二つの例大祭を終えホッとしたのもつかの間、もう春のお彼岸の準備でオーバーワークのおもて順です規模縮小での大祭でしたが、来年こそいつものように大勢の皆さんにお越し頂き、にぎやかに行いたいと思っております。公私ともに慌ただしい中、愛妻と愛娘モンちゃんが定期的に活けるいけ花が、いっ時心を癒してくれます久しぶりに皆さんにも、お花のお布施をお裾分けさせて頂きますね。写真はクリック...

  • -
  • -

令和4年も残すところ、355日となりました。年末においらがこっそり心がけている修行にお出かけし、心新たに新年を迎えられたおもて順です今まで以上に1日、一瞬を大事にしようと想いを新たに出来ました。これまでなぜか不思議と恋のキューピッド役になっている事が何度かありました。最近はコロナ禍もあり、そうしたおめでたい話はご無沙汰でしたが今でも時折、ご縁の仲介役をお願いされる事がありますお坊さんも今は世襲がほ...

  • -
  • -

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。今朝は早朝3時半からおいらのお寺で新年の勤行を行い寝不足のおもて順ですその後、身延山頂のお堂、奥之院へ出勤。こちらでもすべてのお堂で新年のお経をあげていたので6時間ほど勤行を続けていたら、すっかり足の指先の感覚がなくなりあわや凍傷になるかと思いました。今年は昨年とは変わり、身延山も割と多くの皆様に初詣にいらして頂いています。コロ...

  • -
  • -

何と、今年もコロナに翻弄されまくりでイレギュラーな毎日に。気が付けばもう師走。昨年と今年は早すぎて、かといって特別に忙しいといった訳でもなく、いつもと違う日常を送ったせいか記憶があいまいな感じです。今、出来る事をしてきたつもりですが、果たしてこれで良かったのかと、相変わらず40にして戸惑いっぱなしのおもて順ですコロナ禍で微妙にすきまの空き時間が出来ました。その時間を使い、おいらはこっそり温めていた...

  • -
  • -

分かってはいるけれど、人とのお別れはある日突然やってきます。今朝も突然のお別れをしたおもて順ですちょうど11年ほど前にもなりますが、床屋さんのお話を書きました。『BARBER巡り』その中でおいらが生まれて初めて髪を切ってもらって以来、行きつけだったご近所の床屋さんをご紹介しました。その床屋のおばちゃんが昨晩急逝され、今朝お別れのご挨拶でお経をあげてきた次第です。おばちゃんとの思い出は前の記事を読んで頂けれ...

  • -
  • -

カラ元気で乗り切ってはいるものの、やる気スイッチが今一つONにならないおもて順ですこのままでは週刊、月刊、季刊ブログになって、年刊、ついには4年に1回のオリンピックブログになってしまったりしてまだまだコロナで暗いようなニュースばかりですが、少し元気が出そうな映像が撮れたのでおすそわけを。身延山ロープウェイでは春と秋の年2回、富士山の真ん中から出るご来光の日に合わせて、ダイヤモンド富士と題し早朝運航を...

  • -
  • -

気が付けばすでに2か月が前回の更新から公私とも謀殺の日々に悶えていたおもて順です。疲れすぎると眠るのもままならず、深夜の読書などを始めると気が付くともう朝だったなんて日も。でも不眠症はもう30年近い友達なので、もうお別れすることも無いかとあきらめています。さて、コロナのワクチンも始まり、少しづつですがおいらの宿坊もお泊りのご予約が戻り始めています。ですが、「お参りに行きたくて仕方がないけれど、もしコ...

  • -
  • -